最終更新日: 2020.07.08 公開日: 2020.06.23
キャリア

転職エージェントのサポートは断っても問題ない!断り方を紹介

転職エージェントの利用を考えている人の中には、「試しに使ってみたいけど、一度利用しだしたら断れないのではないか? 」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか?
 
そこで、この記事では、転職エージェントのサポートの断り方についてお伝えします。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
倉持圭輔

監修:

監修:倉持圭輔(くらもち けいすけ)

厚生労働省認定キャリアコンサルタント、職業紹介責任者(一般社団法人日本人材紹介事業協会認定)ハローワーク求職情報の提供サービス事業者、雇用関係助成金取扱い職業紹介事業者、JRLAコーチングセミナー、進路相談カウンセラー
 
調理師(新規開業フォローアップ・業務改善再生サポート・運営コンサルティング)、ル・コルドン・ブルー フランス・パリ(調理講習修了)、2020年アイディアレシピコンテスト特別賞受賞(キリン・サッポロビール)

自社サイトプロフィール https://passrun.co.jp/
 
「医歯薬業界」「飲食業界」「WEB・広告業界」「人材業界」等、多業種の交流・経験があり求職事情中心に現実的な市場~今後の流れ、動きに対し、あらゆる可能性を模索し研究しております。
 
1人1人自分自身の目標、目的、夢、希望の実現に向け対話を通して追及し、関わりのあった方々に1つでも成功・正解を共に考え結果を結ぶ事ができればと思います。
 
性格的にはフランクで現実的なタイプです。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
倉持圭輔

執筆者:

監修:倉持圭輔(くらもち けいすけ)

厚生労働省認定キャリアコンサルタント、職業紹介責任者(一般社団法人日本人材紹介事業協会認定)ハローワーク求職情報の提供サービス事業者、雇用関係助成金取扱い職業紹介事業者、JRLAコーチングセミナー、進路相談カウンセラー
 
調理師(新規開業フォローアップ・業務改善再生サポート・運営コンサルティング)、ル・コルドン・ブルー フランス・パリ(調理講習修了)、2020年アイディアレシピコンテスト特別賞受賞(キリン・サッポロビール)

自社サイトプロフィール https://passrun.co.jp/
 
「医歯薬業界」「飲食業界」「WEB・広告業界」「人材業界」等、多業種の交流・経験があり求職事情中心に現実的な市場~今後の流れ、動きに対し、あらゆる可能性を模索し研究しております。
 
1人1人自分自身の目標、目的、夢、希望の実現に向け対話を通して追及し、関わりのあった方々に1つでも成功・正解を共に考え結果を結ぶ事ができればと思います。
 
性格的にはフランクで現実的なタイプです。

詳細はこちら

転職エージェントとは?

転職エージェントは、スカウト型の転職サービスです。
 
キャリアアドバイザーと面談して自分の希望給与や待遇を伝え、その条件に合った企業をキャリアアドバイザーが紹介してくれるという仕組みになっています。
 
キャリアアドバイザーは、履歴書の書き方、転職面接の対策、模擬面接、面接日時の交渉を行ってくれたり、内定前には給与や待遇の交渉を行ってくれたりします。
このようにキャリアアドバイザーが親身になって接してくれるので、どんどん断りにくいシチュエーションになっていくのです。
 
また、サポートについても無料で受けられるので、なおさらですよね。
 

転職エージェントのサポートは断っても問題ない 

転職エージェントのキャリアアドバイザーのサポートは断っても大丈夫です。
 
しかし、キャリアアドバイザーからの連絡を無視したり、放置したりするのはNGです。再び将来お世話になることもあるので、キャリアアドバイザーからの連絡は無視しない方が良いでしょう。
 

転職エージェントのサポートの断り方

転職エージェントとの面談前ならサポートが始まっていないので、退会手続をするだけで大丈夫です。
 
面談前なら担当のキャリアアドバイザーも決まっていません。ですから転職エージェントのサイトで退会手続をするだけで大丈夫なのです。 
  

初回面談後でも断りの連絡を入れれば大丈夫 

初回面談後でも断りの連絡を入れれば大丈夫です。
 
面談はしたもののまだ企業に応募していないなら、断っても大きな迷惑をかけることはありません。簡単なメール等で断りを入れましょう。
    

選考中に辞退する場合は電話が基本

すでに希望企業に応募している場合は、選考中の辞退となります。その場合は電話で断るのが基本です。
 
キャリアアドバイザーと応募企業双方に迷惑をかけていますので、早急にキャリアアドバイザーに自身の状況を伝えましょう。
 
電話で辞退する理由をきちんと伝えるのが良い対応になるでしょう。
    

内定後に辞退する場合の断り方

内定後に辞退する場合は、キャリアアドバイザーと転職先の企業両方に電話で断りを入れましょう。
 
まずキャリアアドバイザーの電話で事情を説明し、対応方法を尋ねましょう。そして転職先にも丁寧に理由を説明しましょう。
 
可能であれば、入社日2週間前までに断りを入れたいところです。そうすれば入社手続が全て終わる前なので企業への迷惑は少なくて済みます。
         

まとめ

この記事では、転職エージェントのサポートの断り方についてお伝えしました。
 
転職エージェントのサポートは断ることができます。しかし、タイミングによって断り方は違います。
 
キャリアアドバイザーとの面談前なら、退会手続をするだけで十分ですが、面談後、企業面接と進むにつれてより早急で正確な断り方が必要になります。そのときに合わせた連絡手段で対応しましょう。
 
転職エージェントの断り方をきちんと行えば、将来再び利用したいときに利用できます。まずは気軽に転職エージェントを利用してみることをおすすめします。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

監修:
倉持圭輔
厚生労働省認定キャリアコンサルタント、職業紹介責任者(一般社団法人日本人材紹介事業協会認定)ハローワーク求職情報の提供サービス事業者、雇用関係助成金取扱い職業紹介事業者、JRLAコーチングセミナー、進路相談カウンセラー

関連記事

転職を30代で考えてみよう! メリット・デメリットなどの情報を紹介
30代女性が転職を成功させるには? 30代女性ならではの悩みもご紹介
40代の転職はキャリアと人柄をアピール! 成功させるポイントを紹介
 



▲PAGETOP