更新日: 2021.05.31 クレカ

クレジットカード審査に通るには? 通りやすくなるポイントと信用情報の基礎知識を解説!

クレジットカード審査に通るには? 通りやすくなるポイントと信用情報の基礎知識を解説!
クレジットカードの審査では、「どんなところをチェックされるの?」「もし審査に落ちたらどうしよう」などさまざまな不安が出てくるでしょう。
 
審査のないクレジットカードにしか申し込みをしたくない、と考える人も少なくありませんが、基本的にクレジットカードの申込時には審査が必須です。
 
そこで、クレジットカードの審査で見られるポイントや通過のコツを解説します。クレジットカードの審査を突破し、便利な暮らしを手に入れましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

クレジットカードには審査がある!

クレジットカードでは審査が必須となっており、クレジットカード取得までには必ず審査を受けなければいけません。
 
クレジットカードの審査に関する基本情報と審査について紹介しますので、「そもそも審査って本当に必要なの?」「審査が甘いカードがあるって本当?」と悩んでいる人はぜひチェックしてください。
 

審査なしでカードを作るのは難しい

審査なしのクレジットカードは現状ないため、クレジットカードを持つなら審査を受けることになります。
 
審査なしでキャッシュレス決済をしたい場合、デビットカードやプリペイドカード、決済アプリを検討してください。
 

審査が甘いカードがあるといううわさも

クレジットカードの審査の厳しさについて、インターネット上ではさまざまなうわさが立っています。「このクレジットカード会社の審査は甘い」「多少年収をごまかしてもなんとかなる」といったうわさは、クレジットカードについて調べる上で多く見られるものでしょう。
 
しかし、カード会社は自社カードの審査について明確な基準を示していません。審査に関してのインターネット上の情報はあくまでもうわさなので、不明な点があればまずカード会社のサイトをチェックしましょう。
 

クレジットカードの審査で見られるポイント

クレジットカードの審査では落ちることもあるので、「どんなところがチェックされるのか事前に知って対策したい!」と感じる人は多いでしょう。審査のポイントについて、カード会社が明言していることは少ないですが、基本的に以下のポイントが重視されると言われています。
 

●収入に不安がないか
●過去に支払いの滞納をしていないか
●他社からの借入状況はどうなっているか
●申込内容にうそはないか
●在籍確認には応じたか

 
自分のお金や仕事の状況を振り返り、審査への不安を減らしましょう。
 

収入に不安がないか

審査で最も重視されると言われているのが、仕事・収入の状況です。
 
クレジットカードは後払いの決済方法であり、お金の引き落としは後日になります。もし利用者の収入が少なく口座にお金がないと、引き落としができません。
 
こうした支払いのトラブルを防ぐため、クレジットカードを利用できるだけの収入があるか、口座に十分お金を用意できる人なのかチェックするのです。
 

過去に支払いの滞納をしていないか

過去にクレカやローンの支払いを滞納していると、「今後も支払いを滞納するのではないか」と疑われてしまい審査に落ちる可能性が高くなります。
 
特に、他社のクレジットカードで支払いを繰り返し滞納していると、クレジットカードの利用方法に問題があるとして審査に通りにくくなってしまいます。
 

他社からの借入状況はどうなっているか

他社からの借入額が極端に多い場合、貯蓄や収入が少ないと考えられるのでクレジットカードの審査では不利になります。
 
また、少額でも複数の会社から借り入れをしていると、「お金に困っているため大量の金融機関に借り入れの申し込みをした人なのでは」と疑われ審査通過の可能性が下がるでしょう。
 

申込内容にうそはないか

申し込みで虚偽の情報を書いていると、カード会社からの信用度が下がり、審査に落とされてしまいます。
 
氏名や住所はもちろん、仕事や年収についてもクレジットカード会社が細かくチェックするので、ごまかしは禁物です。
審査時には信用情報機関の信用情報を確認するため、虚偽の申告はばれてしまいますので注意しましょう。
 

在籍確認には応じたか

在籍確認とは、クレジットカード会社が申込者の勤務先に電話をして、本当に申込者がその場所で働いているのか確認することです。
 
もし在籍確認に応じることができないと、申込内容が正しいのかどうかカード会社は判断できず、審査落ちとなってしまう可能性が上がります。
 

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合は

クレジットカードの審査には、落ちてしまうこともあります。そのため、「もし審査に落ちたらどうしよう」「審査に落ちたら一生クレジットカードを持てないの?」と不安に思う人も多いでしょう。
 
しかし、審査に落ちた場合でも以下のような対処法があります。
 

●他のキャッシュレス決済を検討する
●申込内容を見直して別のカードに申し込む

 
審査を不安がる前に、対処法を知っておきましょう。
 

他のキャッシュレス決済を検討する

クレジットカード以外にも、キャッシュレスで買い物ができるカードやサービスは存在します。さまざまな事情があり、クレジットカードの審査に通過するのが難しそう、という人は以下の決済方法を検討してください。
 

●デビットカード決済
●プリペイドカード決済
●スマートフォン決済

 
審査なしで持てるカードも多数あるので、ポイント還元率や使えるお店の数などを考慮しつつ利用してみましょう。
 

申込内容を見直して別のカードに申し込む

収入や仕事の状況で落ちたと考えられる場合は、問題点を改善して再度別のカードに申し込みしてみましょう。
 
ただし、期間を空けず他のクレジットカードに申し込むと、「すぐカードを作らなければいけないほどお金に困っているのでは」と思われ、審査で不利になる可能性があります。
 
可能であれば余裕を持って半年以上は期間を空けましょう。
 

審査で重要な信用情報を確認しよう

クレジットカード審査の際には、民間の信用情報機関が共有している「信用情報」がチェックされます。信用情報には、ローンやクレジットの契約内容や支払い情報が掲載されており、クレジットカード会社はこれを参照しながら申込者が信頼できるかどうか判断するのです。
 
この信用情報は、自分で確認することもできます。信用情報を確認する手順は、以下のとおりです。
 

●信用情報機関(JICC、CICまたはKSC)にアクセスする
●開示申込書を作成する
●本人確認書類を提出する

 
もし信用情報に間違いがある場合は、情報を登録した会社に連絡を取り調査を依頼することが可能です。お金の使い方にも仕事にも問題がないはずなのに審査に通らない、という人は開示請求をしてみましょう。
 

クレジットカードの審査に通過するコツ

 
クレジットカードの審査に通過するには、審査を行うクレジットカード会社から信頼をしてもらうことが大切になります。審査において自分の信頼度を高めるポイントは、以下のとおりです。
 

●申込内容に間違いがないか確認する
●他社からの借り入れを減らしておく
●普段から期日通り支払いをする

 
以上のコツを押さえれば、信用情報に傷がつく事態を避けられます。申し込みのときだけでなく、普段の買い物から審査のことを意識しておきましょう。
 

申込内容に間違いがないか確認する

申込内容に誤りがあると、信用度が下がり、審査に落ちる可能性が上がってしまいます。
 
申込内容には不備がないよう、しっかり確認をしてください。
 

他社からの借り入れを減らしておく

返済能力があることを示すため、なるべく他社からの借り入れの額は減らしておきましょう。他社のローンが複数に渡っている場合、金利の少ないおまとめローンに乗り換えるのもおすすめです。
 
まずは今の借り入れの状況を整理してみてください。
 

普段から期日通り支払いをする

クレジットカードの審査に通過するには、これまでの利用実績が大切です。他のクレジットカードの支払い、他社への返済はもちろん、携帯代金の支払いなど細かなものでも期日には遅れないよう普段から意識しておきましょう。
 

クレジットカードの審査には慎重に臨もう

クレジットカードの審査は落ちることもあるため、カードを手に入れるには慎重に臨む必要があります。普段から支払期日を守ることはもちろん、申込書類はしっかりと確認しミスのないようにしましょう。
 
また、収入や仕事などで不利になりそうな要素がある場合、事前に対策してから申し込むことも大切です。審査の基準は明確にされていませんが、少しでも通過する可能性が上がるよう意識しておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部


おすすめのクレカ一覧はこちら