更新日: 2021.06.30 クレカ

クレジットカードのキャッシングとは? 金利や利用方法、返済方法を紹介

クレジットカードのキャッシングとは? 金利や利用方法、返済方法を紹介
借り入れを考えていて、クレジットカードでのキャッシングについて詳しく知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
 
クレジットカードに付帯するキャッシング機能は、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)、振り込みで借り入れができ、一括払いやリボ払いで返済します。
 
カードローンより金利が高く、借入枠は小さい傾向にありますが、キャッシング枠が付いたカードを持っていれば新たに審査を受けることなく利用可能です。ただし、キャッシングを利用するとショッピング枠が減るため注意してください。
 
ここでは、クレジットカードキャッシングの特徴や、金利、利用方法、返済方法などについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

キャッシングとカードローンの違い

まずここでは、キャッシングとカードローンの違いについて見ていきましょう。
 
キャッシングとは、本来お金を借りられるサービスの総称です。しかし、一般的には、クレジットカードに付帯するキャッシング枠を指す言葉として使われることが多いです。
 
クレジットカードに付帯するキャッシング枠は、ショッピングにも利用できますし、枠の範囲内で借り入れすることもできます。
 
一方、カードローンは、カードローン会社と契約をして利用限度額の範囲内で好きな時に借り入れが可能です。
 
以下のように、クレジットカードのキャッシングはショッピングとして利用できますが、借入枠が小さく、金利は高い傾向にあります。カードローンはローン専用ですが、借入枠が大きく、キャッシングより金利は低いことが多いです。
 

カードローン クレジットカードの
キャッシング
借入枠 大きい 小さい
金利 低い 高い
ショッピング利用 できる できない

 

クレジットカードのキャッシングの金利

クレジットカードのキャッシングの金利相場は年15.0%〜18.0%といわれています。主なクレジットカードのキャッシング金利は、以下のとおりです。
 

・JCBクレジットカード:年15.0%〜18.0%
・楽天カード:年18.0%
・エポスカード:年18.0%

 
三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの金利が年1.8%〜14.6%、大手消費者金融カードローンプロミスの金利は年4.5%〜17.8%です。
 
キャッシングの金利はカードローンより高い傾向があります。

 

キャッシングの利用方法

クレジットカードのキャッシングの利用方法には「ATM」「CD」「振り込み」があります。
 
提携する銀行ATMやコンビニATM、CDでは、簡単な操作で借り入れできます。また、振り込みによるキャッシングは、インターネットや電話から手続きが可能です。
 
ここでは、「ATM」「CD」「振り込み」のキャッシング利用方法について詳しく見ていきましょう。

 

ATM

クレジットカードキャッシングの代表的な利用方法がATMです。クレジットカード提携の銀行ATMまたはコンビニATMで利用できます。
 
以下は、一般的な銀行ATMの利用方法です。
 

  • 1.ATM画面で「引き出し」を選択
  • 2.「借り入れ」ボタンを選択
  • 3.クレジットカード挿入
  • 4.暗証番号を入力
  • 5.返済方法を選択
  • 6.利用金額を入力
  • 7.現金とカードの受け取り

 
ATMの営業時間内に手続きをする必要があります。

 

CD

CDとはキャッシュディスペンサー(現金自動支払機)のことです。一部のクレジットカードキャッシングでは、CDで現金が引き出せます。
 
以下は、一般的なCDの利用方法です。
 

  • 1.CDで「クレジットカード」を選択
  • 2.クレジットカードを挿入
  • 3.暗証番号を入力
  • 4.利用金額を入力
  • 5.返済方法を選択
  • 6.現金とカードの受け取り

 
CDの利用方法はATMとそれほど違いがありません。クレジットカードキャッシングがCDを利用できる場合は、最寄りのCDの場所を事前に確認しておきましょう。

 

振り込み

振り込みでクレジットカードキャッシングを利用することもできます。多くのクレジットカードキャッシングはインターネットまたは電話で振り込み可能です。
 
インターネットの場合は会員ページから簡単に手続きできます。インターネット、電話どちらの場合でも最短数十秒で振り込みできるため、スピーディーにキャッシングできます。

 

キャッシングの返済方法

クレジットカードキャッシングの返済方法は「一括返済(翌月払い)」「リボ払い」があります。
 
一括返済は、キャッシング利用額と手数料の合計を翌月の返済日に一括で返済する方法です。リボ払いは、毎月支払う額をほぼ一定にできるため計画的な返済ができます。
 
ここでは、一括払いとリボ払いのキャッシングの返済方法について見ていきましょう。

 

一括返済(翌月払い)

クレジットカードキャッシングの返済方法の1つが、一括払い(翌月払い)です。
 
「1回払い」ともいわれます。例えば、JCBクレジットカードなら、毎月15日締め切り、翌月10日払いで元金と手数料の合計を口座から自動振替します。
 
引き落とし日までに、キャッシング利用額と手数料の合計を確認し、口座に入金しておく必要があるため注意しましょう。

 

リボ払い

リボ払いはキャッシングの毎月の支払い元金を、ほぼ一定にする返済方法です。
 
例えば、JCBクレジットカードで1月に10万円をキャッシングして、リボ払いで元金を2万円に設定した場合、2月以降に毎月2万円+利息を返済していきます。元金は変更ができ、計画的に利用できるのがリボ払いの特徴です。

 

キャッシングの注意点

クレジットカードのキャッシングを利用すると、ショッピング枠が減るため注意しましょう。キャッシングで借りすぎると、ショッピング枠がなくなり、買い物や支払いでクレジットカードを使えなくなる可能性があります。
 
また、キャッシングには手数料がかかるため、計画的に利用することが大切です。
 
ここでは、キャッシングの注意点について確認していきましょう。

 

キャッシングの利用でショッピング枠が減る

クレジットカードキャッシングを利用すると、その分ショッピング枠が減るので注意してください。クレジットカードの総利用枠は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計だからです。
 
例えば、総利用枠が50万円の場合、キャッシングで10万円利用するとショッピングで利用できる金額は最大40万円です。キャッシングが40万円であれば、ショッピングは10万円までです。
 
キャッシングを利用するとショッピング枠に影響があるため、使いすぎに注意してください。

 

計画的に利用する

キャッシングを利用すると、借り入れした元金と手数料の合計を返済しなくてはなりません。
 
キャッシングはお金がない時には便利なものですが、借りた金額より多くの金額を返済する必要があるため、計画的に利用することが大切です。返済のめどが立たないのに借り入れしてしまうと、破産する可能性があります。
 
キャッシングをする前にシミュレーションを行い、返済のめどが立っていることを確認したうえで利用してください。

 

キャッシング枠は審査で決まる

キャッシング枠がいくらになるかは審査で決まります。審査は、クレジットカードを申し込む時、または利用途中でも可能です。「キャッシング枠が50万円欲しい」と思っていても、審査の結果、キャッシング枠は10万円の可能性もあります。

 

キャッシングは気軽にお金が借りられる! ただし、計画的に利用しよう!

クレジットカードのキャッシングを利用すれば、ATMやCD、振り込みにて気軽にお金を借りられます。金利は年15.0%〜18.0%程度で、翌月1回払いの一括払いや、毎月ほぼ一定の元金を支払っていくリボ払いで返済できます。
 
ただし、キャッシングをすると、その分ショッピング枠が減るため注意してください。キャッシングは計画的に利用しましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 


おすすめのクレカ一覧はこちら