更新日: 2024.03.05 クレカ

「ランチでのクレカ使用不可」が規約違反って本当? ポイントをためたいので本当はクレカを使いたいのですが……。

「ランチでのクレカ使用不可」が規約違反って本当? ポイントをためたいので本当はクレカを使いたいのですが……。
クレジットカード決済に対応した飲食店でランチを食べ、クレジットカードで支払おうとしたところ、「ランチはクレジットカード使用不可」と言われた経験はありませんか。
 
ポイントをためるために、少額でもクレジットカードを使用したい方もいるでしょう。お店側に「ランチはクレジットカード使用不可」と言われた場合、諦めるしか方法はないのでしょうか。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

最短10秒で即時発行!年会費永年無料&最大7%還元!

【PR】三井住友カード(NL)

おすすめポイント

・両面にカード番号の印字なしで盗み見される心配なし!
・最短10秒で即時発行!年会費永年無料
年会費 (税抜) 発行期間 ポイント還元率
無料 即時(最短10秒) 0.5%~7.0%
ETC (税抜) 移行可能マイル 電子マネー
初年度無料 ANAマイル Apple Pay
Google Pay
※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※最短10秒発行受付時間:9:00〜19:30
※即時発行ができない場合があります
※お申し込みには連絡可能な電話番号が必要です。
※スマホのタッチ決済:Visaのタッチ決済とMastercard®タッチ決済が対応
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※最大7%のポイント還元は通常のポイントも含まれます。

ランチ時にクレジットカードが使えないのは加盟店契約違反

クレジットカード決済に対応した飲食店なら、時間帯や金額を問わずクレジットカードを使用できるはずです。
 
しかし、SNSでは度々「ランチではクレジットカードを使えないと言われた」「○○円以下は現金のみと言われた」などの声が上がります。店舗側から使用できないと言われたら諦める方も多いのではないでしょうか。しかし、時間帯や金額を理由にクレジットカード決済を拒否するのは加盟店契約違反にあたる可能性があります。
 
飲食店(加盟店)でクレジットカードを使用できるようにするためには、飲食店とクレジットカード会社との間で加盟店契約を結ぶ必要があります。各クレジットカード会社では加盟店規約を設けており、加盟店が違反するとペナルティーを受ける可能性もあるのです。
 

JCB・三井住友カードの場合は

JCBの加盟店規約第11条では「加盟店の義務、禁止行為等」について定めており、「加盟店は、有効なカードを提示した会員に対し信用販売を拒絶し、または現金払いや他社の発行するクレジットカードその他の決済手段の利用を求めてはならない」としています。
 
また、三井住友カードの加盟店規約第7条でも「正当な理由なくして信用販売を拒絶し、代金の全額または一部(税金、送料等を含む)に対して直接現金支払いを要求する等、会員に対して差別的取扱いは行わないものとします。」との記載があります。
 
つまり、ランチタイムという理由でクレジットカードの使用を拒否し、現金払いを勧めることは加盟店契約違反に該当する可能性が高いでしょう。
 

ランチ時にクレジットカードを使用できないと言われた際の対処法

クレジットカード決済に対応した飲食店であるにもかかわらず、時間帯や金額を理由にクレジットカードを使用できないと言われた場合はどう対処すべきなのでしょうか。加盟店が有効なカードを提示した会員に対し、信用販売を拒絶する行為は加盟店契約違反にあたります。
 
よって、「これって加盟店契約違反ではないのでしょうか」と言うと、クレジットカード決済に対応してくれる可能性はあるでしょう。また、その場でクレジットカード会社に連絡して対応してもらう方法もありますが、現金を持っている場合は引き下がって現金払いにしたほうが無難とも考えられます。
 

「ランチでのクレカ使用不可」は加盟店契約違反

ランチタイムなどの時間帯を理由にクレジットカード決済を拒否する行為は、加盟店契約違反にあたります。クレジットカード会社が加盟店契約違反を確認した場合は、加盟店に対してペナルティーを課す場合もあるようです。
 
トラブルを防ぐために、時間帯や金額を理由に決済方法を制限する店舗は利用しないほうが無難でしょう。食事後に使えないことが判明して現金を持ち合わせていない場合には、お店側に加盟店契約違反であることを指摘するか、悪質な場合はその場でクレジットカード会社に相談しても問題ないといえるでしょう。
 

出典

JCB 加盟店規約 第11条2項
三井住友カード 三井住友カード加盟店規約 第7条9項
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

最短10秒で即時発行!年会費永年無料&最大7%還元!

【PR】三井住友カード(NL)

おすすめポイント

・両面にカード番号の印字なしで盗み見される心配なし!
・最短10秒で即時発行!年会費永年無料
年会費 (税抜) 発行期間 ポイント還元率
無料 即時(最短10秒) 0.5%~7.0%
ETC (税抜) 移行可能マイル 電子マネー
初年度無料 ANAマイル Apple Pay
Google Pay
※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※最短10秒発行受付時間:9:00〜19:30
※即時発行ができない場合があります
※お申し込みには連絡可能な電話番号が必要です。
※スマホのタッチ決済:Visaのタッチ決済とMastercard®タッチ決済が対応
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※最大7%のポイント還元は通常のポイントも含まれます。
PR
townlife-banner
ライターさん募集
おすすめのクレカ一覧はこちら