最終更新日: 2019.09.02 公開日: 2018.04.12
家計

なぜかお金がすぐに減る人。その原因は自分自身のこんな行動に問題が?

執筆者 : 前田菜緒

「節約を意識しているのに、なぜか財布のお金がすぐに減る」そう思った経験がある人は、原因は自分自身の行動にあるかもしれません。節約意識はあるのに行動が伴っていないかもしれないのです。

自分の行動は自分自身では正当に評価してしまいがち。客観的に見るのは難しいものです。ですから、自分のことは実は自分ではよくわかっていないことがあります。

以下に解説するような行動とっていないか、チェックしてみてください。
 
前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら
前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャル・プランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーを毎月開催。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。子どもが寝てからでも参加できるよう、セミナーや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら

プチ贅沢、それは本当にプチ贅沢?

「今日は頑張ったから自分へのご褒美、プチ贅沢をしよう!」そんな日があると思います。特に女性に多いかもしれませんね。
 
プチ贅沢はコンビニスイーツかもしれませんし、外食かもしれません。マッサージに行くという人もいるでしょう。プチ贅沢のレベルは人それぞれです。
 
しかし、その出費は本当に「プチ」にとどまっていますか? 贅沢レベルになっていませんか?「贅沢」と「プチ贅沢」ではまったくレベルが異なります。
 
もし贅沢レベルになっているのなら、お金はなかなか貯まりません。もちろん、どの程度までなら「プチ」なのか、定義があるわけではありませんので、線引きは自己判断にはなります。自身の手取りから「プチ」にあたるかどうか照らし合わせてみてください。
 
またレベルは「プチ」だけれど、頻度が多すぎませんか。プチ贅沢はたまにするから贅沢であって、週に何度もあると日常になってしまいます。プチ贅沢が日常になると、贅沢のレベルがどんどん上がってしまいかねません。自分にとってのプチ贅沢のレベルを見極めておきましょう。
 

「この程度なら」と子どもへの出費

自分に対する出費には、財布のひもが固いけれど、子どもへの出費には財布のひもが緩くなる。こんな経験はありませんか。
 
例えば、子どもがお店で「これほしい」と言ったとき、またはほしいとは言わないまでも、じっと商品を見つめている。買うつもりはまったくなかったけれど、商品の値段を見るとそれほど高くない。
 
仕方ない「帰ってから、ちゃんと宿題するなら買ってあげるよ」と何かしら条件をつけて買ってあげる。このような場面はあると思います。
 
子どもがどれだけほしがっているか、買ってあげる頻度は高すぎないか、にもよりますが、子どもに対する「買う予定ではなかったのに、買ってしまったケース」もお金がすぐに減る原因の一つになります。
 
また、「買う予定ではなかったのに、買ってしまったケース」を自ら行っている場合もあります。例えば、ふらっと寄った子ども服売り場。特に女の子の洋服はとても可愛いです。
 
「この洋服かわいい、子どもが喜びそう」そんな気持ちから、いま必要でない洋服でも「来年も着られそうだから」と何かしら理由をつけて買っていませんか。
 
買う予定でなかったモノは、買う必要性が低いモノともいえます。自分に対しての出費は厳しいけれど、子どものものなら甘くなりがち。親心ではありますが、これもお金の減りが早い原因の一つです。
 

目標を立てる

節約意識はあるのに、なぜかお金が減る、という人は、近い将来の目標を立ててみてはいかがでしょうか。例えば、1年後に北海道に家族旅行など。その目標のために毎月いくら貯金すると決めるのです。
 
もともと節約意識がある人なら、買う前に目標のことが頭をよぎり自制心が働くでしょう。
 
「なぜかなくなるお金」よりも「家族旅行のために使うお金」のほうが出費への満足度が高いです。これがいわゆるメリハリです。
 
自分の行動を今一度見直して、「なぜかなくなるお金」を減らしていきたいですね。
 
Text:前田 菜緒(まえだ なお)
1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP(R)認定者

関連記事

60歳で貯金0円!しかも年金は5万円のみ・・生活できるの?
「ぜいたくしていない」のにお金が貯まらないのはなぜ?
給料日前に気づいたらお金がない・・・ズボラなあなたにも出来る毎月の生活費をざっくり管理する方法
 



▲PAGETOP