CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2022.05.17 申し込み

レイクALSAの申し込み方法の流れやキャンセルについて徹底解説

レイクALSAの申し込み方法の流れやキャンセルについて徹底解説
レイクALSAは申し込みから借り入れまで最短60分で即日融資ができ、急いで借りたい方に最適です。
 
今回は、レイクALSAカードローンの申し込み方法と流れ、返済方法について詳しく解説します。また、万が一キャンセルしたくなったときの対処法についても見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

レイクALSAとは

レイクALSAは、新生銀行の子会社である新生フィナンシャル株式会社が取り扱うカードローンです。満20~70歳のうちパート・アルバイトを含む安定収入のある方が無担保・保証人なしでお金を借りられます。
 
融資可能額は500万円までで、金利は年4.5~18.0%です。貸付利率は契約額や利用残高によって異なり、返済期間は最長5年、回数は最大60回で契約できます。
 
Web申し込みなら、初回の方に限り60日間無利息で200万円まで融資可能です。Web申し込みでなくても、初めての方は借入額のうち5万円分までは180日間無利息で借りられます。無利息期間経過後の貸付利率(実質年率)は12.0~18.0%です。
 
Webなら24時間365日申し込みを受け付けており、最短60分で融資できます。21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了すると当日の振り込みが可能になり、休日に急な出費がかさみ、急いで借りたい方も安心です。
 
さらに、スマホで本人確認や契約書類のダウンロードができ、カードレスで借りられる申し込み方法もあるため、楽に手続きできます。消費者金融からの手紙やカードなどから、家族バレしてしまうのが心配な方にもぴったりです。
 
返済方法は自動引き落としや提携ATMなど種類が豊富で、自分にあったものを選択できます。

 

レイクALSAの申し込み方法と流れ

レイクALSAの借り入れ方法は、以下の4種類です。
 

・スマホ
・パソコン
・自動契約機
・電話

 
自宅で手軽に行える方法から、自動契約機に出向いて申し込む方法まであります。スマホやパソコン、電話は24時間申し込み可能です。スマホやパソコンは15秒で審査結果が分かり、短時間で手続きできます。
 
ここでは、それぞれの申し込みの流れを解説します。

 

スマホから申し込みをする

【申し込みの流れ】

1.申し込みフォームで必要事項を入力
2.審査結果が届く
3.本人確認書類を提示して契約手続きをする(手続き方法は「Web完結」、郵送、自動契約機の3種類)
4.借り入れ

 
申し込み受付は24時間いつでもできます。審査結果が最短15秒で表示されるのがポイントです。
 
審査を通過したら本人確認および契約手続きに移行します。3種類の契約方法のうち、おすすめはカードを郵送しない「Web完結」です。「Web完結」を選ぶと「スマート本人確認ツール」が起動するので、運転免許証と顔を撮影します。
 
口座引き落とし用に契約者本人の金融機関口座を登録すると、カードなしで借り入れ可能です。財布のなかに、レイクALSAのカードを入れておきたくない方に適しています。
 
なお、カードを発行する方法もありますが、スマホだけで完結しないためスマホユーザーにとってメリットが少ないです。
 
カードレスでの借り入れ方法は、以下の2種類あります。
 

・登録した金融機関へ即日振り込み
・新生銀行カードローンATM、提携ATMでの借り入れ

 
即日振り込みが可能な時間帯は、利用している金融機関によって異なります。土日でも対応している銀行が多いため、休日に融資を受けたい方も安心です。

 

パソコンから申し込みをする

【申し込みの流れ】

1.申し込みフォームで必要事項を入力
2.審査結果が届く
3.本人確認書類を提示して契約手続きをする(手続き方法は「Web完結」、郵送、自動契約機の3種類)
4.借り入れ

 
パソコンでの申し込みの流れは、基本的にスマホでの申し込みと同じです。申し込み受付は24時間いつでも申し込みでき、最短15秒で審査結果が表示されます。
 
本人確認手続きでは、カード郵送なしを希望する方は「Web完結」を選び、返済方法として口座引き落としを指定してください。
 
カード郵送ありを希望する方は、「Web契約」を選ぶと簡易書留でカードが届きます。返済方法として「Web返済」「ATMで返済」のいずれかを選びましょう。
 
レイクALSAの自動契約機が近くにある場合は、自動契約機での契約を選ぶと、その場でカードが発行されて便利です。
 
借り入れ方法は、登録した金融機関への即日振り込みか、新生銀行カードローンATM・提携ATMでの借り入れの2種類があります。

 

自動契約機から申し込みをする

【申し込みの流れ】

1.自動契約機で新規申し込みを選択
2.運転免許証を自動契約機にセット
3.画面上で審査結果を確認
4.発行された契約内容確認書に署名
5.発行されたカードを受け取る
6.借り入れ

 
自動契約機からの申し込みは、カード発行まで最短30分で完了できるのがポイントです。万が一困ったり迷ったりしたら、オペレーターに相談しながら申し込みできます。
 
利用可能な時間帯は以下のとおりです。
 

平日・土曜日:9時~22時
日曜日:9時~19時
※年末年始を除きます。※一部店舗によって異なります。

 
運転免許証を自動契約機にセットする場面では、運転免許証が提示できない方は、所定の本人確認書類を準備しておきましょう。
 
契約内容確認書は、署名後に自動契約機にセットし、署名を確認させます。契約内容確認書は、忘れずに持ち帰ってください。
 
カード発行後は、併設の新生銀行カードローンATMで借り入れできます。その場で契約手続きと借り入れができるのがメリットです。
 
即日振り込みや提携ATMからの借り入れもできるため、後日、追加借り入れをしたくなったときに利用すると便利です。

 

電話で申し込みをする

【申し込みの流れ】

1.フリーダイヤル(0120-09-09-09)にかける
2.オペレーターの質問に答え、審査結果を伝えてもらう
3.Web契約または自動契約機で契約
4.借り入れ

 
フリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話をかけるだけで、24時間申し込みできるのがポイントです。
 
住所や勤め先などの質問に答えると、その場で審査結果を教えてくれます。審査状況により、再度かけ直しになる場合がありますが、オペレーターの個人名での連絡となり、自宅の電話にかかってきても家族バレしにくいです。
 
契約手続きはWeb契約か自動契約機かを選択できます。
 
借り入れは、金融機関口座への振り込み、新生銀行カードローンATMまたは提携ATMから選択可能です。

 

申込時に必要な書類

レイクALSAでの借り入れ審査では、以下の書類が必要です。
 

・本人確認書類
・住所確認書類
・収入を証明する書類

 
上記のうち、必ず提示を求められるのが本人確認書類です。本人確認書類は、運転免許証やパスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証、在留カード・特別永住者証明書(外国籍の方)が該当します。
 
住所確認書類は、以下の場合に必要です。
 

・本人確認書類の住所が、現住所と異なる場合
・自動契約機で契約するときに、健康保険証を用意する場合
・Web契約(郵送あり)で契約するときに、本人確認書類を2点用意できない場合

 
住所確認書類として認められるものは、現住所が記載された公共料金の領収書または公的機関発行の書類です。公共料金の領収書は、ガス・電気・固定電話(NTT)・NHKの領収書を用意しましょう。
 
公的機関発行の書類は、住民票の写し・印鑑登録証明書・水道使用料のお知らせです。いずれも発行日から6ヶ月以内のものが使えます。
 
収入を証明する書類は、以下に該当する場合のみ必要です。
 

・利用限度額の総額が50万円を超える
・利用限度額の総額と他社の借入総額が100万円を超える
・すでに提出した収入を証明する書類が、発行日から3年以上経過している

 
収入を証明する書類は、源泉徴収票、給与明細書、住民税決定通知書/納税通知書、確定申告書、所得(課税)証明書が該当します。条件に当てはまる場合に準備してください。

 

レイクALSAの審査時間

レイクALSAの審査は、時間がかからずスピーディーに分かるのがメリットです。スマホやパソコンで申し込んだ場合、最短15秒で審査結果を教えてくれます。
 
ただし、最短15秒での仮審査ができるのは、以下の時間帯に限られています。
 

通常:8時10分~21時50分
毎月第3日曜日:8時10分~19時
(ともに年末年始を除く)

 
上記の時間帯以外に申し込んだ場合は、メールなどで審査結果が通知されます。
 
自動契約機で申し込んだ場合は、カード発行まで最短30分のため、審査にかかる時間は30分未満です。
 
電話申し込みの場合は、その場で審査結果を伝えてくれるので、長くはかかりません。審査状況によっては、いったん折り返しになるケースもあります。

 


 

レイクALSAの5つの返済方法

レイクALSAの返済方法は、5種類あります。
 

・Web返済サービス
・新生銀行カードローンATM
・自動引き落とし
・コンビニや銀行の提携ATM
・銀行振込

 
どれも利便性が高く、ご自身の性格やライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。ここでは返済方法の詳細なやり方をご紹介します。
 
※2020年12月8日20時より「Web返済サービス」は利用を一時停止しています(2021年12月4日現在)

 

インターネットバンキングを使ったWeb返済

※2020年12月8日20時より利用を一時停止しています(2021年12月5日現在)
 
レイクALSAは、インターネットバンキングを利用して返済できます。深夜・土曜日・日曜日・祝日も返済可能なうえ、いつでも何回でも振込手数料無料なのがポイントです。
 
まずレイクALSAの会員ページにログインし、「Web返済(ネットバンキングで返す)」をクリックしてください。利用している金融機関を選び、金融機関のサイトへログインし、サイトの案内に従って振り込みを実行します。
 
忙しくてATMに行けない方や、繰り上げ返済・一括返済したい方にぴったりです。
 
なお、Web返済サービスご利用可能金融機関一覧で、利用可能な金融機関名をチェックできます。

 

新生銀行カードローンATMを利用した返済

年中無休の新生銀行カードローンATMを利用すれば、夜間・休日も手数料無料で返済可能です。利用時間は店舗によって多少異なりますが、一般的な利用時間は次のとおりです。
 

平日・土曜日:7時30分~24時
日曜日・祝日:7時30分~22時
第3日曜日:7時30分~20時

 
新生銀行カードローンATMの利点は、手元にカードがなくても次の3点の情報があれば返済できることです。
 

・登録した自宅(携帯)の電話番号
・生年月日
・カード暗証番号

 
カードレス返済に加え、新生銀行カードローンATMなら硬貨の取り扱いがあるので、一括返済の場合にも便利です。

 

返済を忘れない自動引き落とし

うっかり返済忘れを防止したいなら、自動引き落としがおすすめです。自動引落日は、毎月6日または27日です。引き落としの結果については、通帳などで確認できます。
 
残高不足で自動引き落としができなかった場合、再度の引き落としは行っていないため、自分でフリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話をして、ほかの方法で速やかに返済してください。
 
引き落とし不能が2ヶ月続けて起こった場合、その後は自動で引き落としされなくなってしまいます。自動引き落としは楽ですが、口座残高はきちんとチェックしましょう。

 

コンビニや銀行の提携ATMを利用した返済

セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATMなどコンビニや銀行の提携ATMからも返済可能です。コンビニの提携ATMでは深夜まで返済できます。
 
ただし、スマホ用公式アプリ「e-アルサ」を利用したカードレス取引も含めて、提携ATMの返済・借り入れには手数料が発生します。手数料は、返済額1万円以下で110円・返済額1万円超で220円です。
 
手数料無料で返済できるATMは、新生銀行カードローンATMだけなので注意しましょう。

 
※2020年12月23日(水)よりセブン銀行ATM「スマホATM取引」によるお借り入れのご利用を停止しています。(2022年5月17日現在)
 

銀行振込を利用した返済

返済に振込手数料がかかりますが、銀行振込でも返済できます。金融機関ATMからレイクALSA指定の銀行口座に、振り込みを行ってください。新生銀行カードローンATMなどが近くにない方に最適です。
 
返済時の手数料を支払いたくない方は「Web返済」「新生銀行カードローンATM」「自動引き落とし」を選びましょう。
 
なお、レイクALSAでは、毎月の返済日を選べます。返済日の14日前から、都合に合わせて返済可能です。毎月の返済日の3日前に、返済日の通知を受け取る「ご返済日前お知らせサービス」を設定すれば、うっかり返済忘れを防げるので活用してください。
 
返済が遅れそうな場合は、当月の返済日を変更できます。返済日の3日前から会員ページの「ご返済予定の確認・登録」メニューで返済期日を入力すると変更可能です。フリーダイヤルからも変更できるので、いざというときのために覚えておくと役立ちます。

 

レイクALSAの申し込みキャンセルについて

レイクALSAに申し込んだ後で、やっぱりお金を借りる必要がなくなることもあります。申し込み後のキャンセルはできるのでしょうか?
 
レイクALSAの申し込みはタイミングによって可能です。キャンセルできても申し込み情報が信用情報に載ってしまうため、申し込み前に慎重に検討してください。
 
ここでは、キャンセルが可能なタイミングとキャンセル方法をご紹介します。

 

キャンセルはタイミングによっては可能

キャンセル可能なタイミングの目安は、本審査結果が出る前です。仮審査結果は、正式な審査結果回答ではないため、キャンセルが認められる可能性があります。
 
本審査後でも、契約前なら申し込みを取り消せるかもしれません。契約後のキャンセルは難しく、キャンセル不可の場合は解約手続きが必要です。
 
本審査結果が出るタイミングは、申し込み方法によって異なり、キャンセル可能なタイミングも申し込み方法に左右されます。
 
スマホやパソコン、電話での申し込みは本審査結果の連絡があるまで、自動契約機での申し込みは審査結果が画面に出るまでと考えましょう。

 

キャンセル方法は電話連絡

キャンセルする場合は、レイクALSAのフリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話連絡をしてください。初めての方は、24時間無料で電話連絡を受け付けています。
 
なお、借り入れの申し込みをした後にキャンセルした場合でも、信用情報には申し込み履歴が残ります。「申し込んだのに契約はしていない」という状態です。
 
他社でローンを組んだり、クレジットカードを作成したりしたときは、信用情報を照会されます。このときの申し込み履歴から「審査に落ちたのではないか?」と判断され、審査に不利になってしまうかもしれません。
 
また、後日、やっぱりカードローンを利用したいと思って短期間のうちに複数社に申し込んでしまうと「申し込みブラック」と呼ばれる状況になり、審査落ちの可能性が高まります。
 
カードローンの申し込みやキャンセルは、十分に考えたうえで行ってください。

 

レイクALSAへの申し込みを検討しよう

レイクALSAは、初めての方に限りWeb申し込みなら60日間無利息でお金を借りられます。21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了すると当日の振り込みが可能で、融資スピードは最短60分です。
 
申し込み方法はスマホ、パソコン、自動契約機、電話の4種類あります。24時間受け付け可能なものや、15秒で審査結果が表示されるものもあり、急いで借りたい方に便利です。
 
返済方法はWeb返済サービス、新生銀行カードローンATM、自動引き落とし、コンビニや銀行の提携ATM、銀行振込の5つがあります。自分の性格やライフスタイルに合ったものを選びましょう。
 
申し込み後のキャンセルはタイミングによっては可能ですが、申し込み履歴は信用情報に残ります。じっくり検討したうえで申し込んでください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
※2020年12月8日(火)20時より、「Web返済サービス」のご利用を一時停止させていただいております。
(2021年1月18日現在)
 
【レイクALSAに関して】
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※初回契約翌日から無利息
※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
貸付条件
ご融資額 :1万円~500万円
貸付利率(実質年率): 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 :満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率): 20.0%
ご返済方式 :残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数: 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 :運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)
担保・保証人: 不要
商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)
貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)

 

公式サイトで申し込み

レイクALSA

lake

おすすめポイント

インターネットなら24時間申込可能!
最短15秒で審査結果がわかる !
WEB完結なら郵送物なし♪
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~18.0% 最短15秒
WEB完結 来店 融資スピード
融資まで 不要 最短60分※
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。 ※初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。ご融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。