CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.11.09 即日融資

お金を借りる5つの方法と即日融資可能なおすすめカードローン

執筆者 : 鴨志田 大輔

お金を借りる5つの方法と即日融資可能なおすすめカードローン
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

今すぐにお金が必要になった。もしくは近いうちにまとまったお金が必要。そういった場面は日々の生活の中でも往々にして発生します。
 
お金を借りるための手段には、どのようなものがあるのでしょうか。本記事ではすぐにお金を借りる方法5つと、即日融資可能なおすすめカードローンについてご紹介します。
 

どうすればお金を借りられるのか分からないという方は、ぜひ参考にしてください。
 

すぐにお金を借りる方法5選!

お金を借りる方法には休職中や無職でも利用できるもの、即日借りられるものなどがあります。
 
今回ご紹介するのは次の5つです。
 

・緊急小口資金
・総合支援資金
・友人・知人からお金を借りる
・クレジットカードのキャッシング枠を使う
・即日融資可能なカードローンを申請する

 
緊急小口資金と総合支援資金は新型コロナウイルスの影響で休業・失業した場合におすすめです。友人・知人からお金を借りる方法は、手軽かもしれませんが気が引けてしまう人もいるでしょう。クレジットカードのキャッシング枠やカードローンについては、審査通過すれば誰でも利用できます。
 
それぞれについて詳しくご紹介しますので、ぜひ自分にあったものを選んでください。
 

休業中なら!緊急小口資金を利用する(最大20万円)

新型コロナウイルスの影響で休業し、生活費に困っている場合は、緊急小口資金を利用しましょう。20万円を上限に保証人不要・無利子でお金を借りられます。
 
据置期間(返さなくてもいい期間)は1年で、借りてから2年後までに返せば問題ありません。申し込みはお住まいの市区町村の社会福祉協議会で受け付けています。
 
出典:厚生労働省・生活福祉資金貸付制度
 

無職でも可能!総合支援資金を利用する(最大60万円)

新型コロナウイルスの影響で無職になってしまった人は、総合支援資金を利用することで最大60万円借りられます。
 
貸付上限額は二人以上世帯が月20万円以内、単身世帯が月15万円以内です。貸付期間が原則3ヶ月以内なので二人以上世帯なら20万円×3ヶ月=60万円、単身世帯なら15万円×3ヶ月=45万円まで融資を受けられます。
 
無利子・保証人不要で、据置期間は1年以内、償還期限(返さなければならない期限)は10年です。住んでいる場所の市区町村社会福祉協議会で手続きをしてください。
 
出典:厚生労働省・生活福祉資金の特例貸付
 

友人・知人からお金を借りる

友人・知人に直接お金を貸してくれないか頼む方法もあります。言いづらいかもしれませんが、頼れる人がいるのであれば相談してみましょう。
 
ただし、友人同士のお金の貸し借りを快く思わない人なら人間関係にヒビが入る可能性があります。高額なお金を借りることも難しいでしょう。さらに借りる理由が「ギャンブルに使った」「買い物をしすぎた」などであれば、貸してくれないかもしれません。
 
友人・知人からお金を借りるときはやむを得ない事情がある場合に限定し、いつまでに返すのかを約束しておくと相手も安心です。
 

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードには買い物ができる「ショッピング枠」とお金が借りられる「キャッシング枠」があります。キャッシング枠の申し込み手続きをして審査に通過すると、クレジットカードを使って提携金融機関やコンビニATMから現金を借りられます。
 
キャッシング枠は利用上限額が決まっており、上限額内であれば繰り返し利用可能です。利息がかかるため、借りるときは返済計画をきちんと立て、事前に金利をチェックしておきましょう。一般的に、キャッシング枠の金利はカードローンより高めに設定されています。
 
返済方法は「翌月1回払い」や「リボルビング払い」などから選択します。「リボルビング払い」には毎月同じ額を返済する「定額方式」、借入残高に一定の割合の利息を加えて返済する「定率方式」、返済額と割合を変えられる「残高スライド方式」などがあります。
 
キャッシングもあくまで借金なので、使いすぎには注意してください。
 

即日融資可能なカードローンを申請する

カードローンは手軽に借入と返済ができる金融商品です。利用目的は自由で保証人・担保は不要です。即日融資可能なカードローンに申し込めばすぐにお金を借りることができ、利用限度額内であれば繰り返し融資を受けられます。
 
提携金融機関やコンビニATM、口座振込などで借入と返済ができ、使い勝手も良いです。
 
カードローンを利用する場合は、できるだけ金利の低いカードローンに申し込み、返済計画を立てておきましょう。低金利のカードローンと高金利のカードローンでは、同じ金額を借りても利息がまったく違います。複数のカードローンを比較して低金利のカードローンを選んでください。
 
参考記事:【即日融資可能】おすすめカードローン比較!最短で審査通過するためにできること
 

すぐにお金が借りられる即日融資カードローンがおすすめ

カードローン会社によっては即日融資が可能なところもあります。もちろん審査をクリアした場合に限りますが、前もって準備しておけば可能な場合がほとんどです。ただし、気を付けていただきたいのは銀行系のカードローンについてです。
 
銀行系のカードローンについては即日融資には対応していません。そのため、どうしてもその日にお金がいる場合は、銀行系ではなく消費者金融系のカードローンがおすすめです。
 
以下に代表的なカードローンの即日融資の可否、そして可能なのであれば最短どのくらいで借りることが出来るのかについて表にしてみましたので参考にしてください。
 

カードローン会社 即日融資の可否 融資までの最短時間(目安)
アイフル 25分
アコム 1時間
プロミス 1時間
SMBCモビット 1時間
J.Score(ジェイスコア) 可(最短即日融資) 最短即日融資

 
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

 
消費者金融系のカードローンであれば、お金が必要になったときにすぐに申し込み手続きをして融資を受けることが可能です。急いでいる人は消費者金融系のカードローンを検討しましょう。
 

カードローンでお金を借りるまでの流れ

カードローンでお金を借りる流れ・手順は以下の通りです。
 

  • 1.申し込みに必要な書類等を準備する
  • 2.カードローンの申し込み手続きをする
  • 3.カードローン会社が審査を行う
  • 4.審査結果通知とカード発行
  • 5.カードを受け取り、お金を借りる

 
1.申し込みに必要な書類等を準備する:カードローンに申し込むときは、借入や返済に使う銀行口座を設定します。通帳やキャッシュカードなど口座名義・口座番号が分かるものを手元に用意してください。
 
利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書、他社借入の合計額と合算して利用限度額が100万円を超える場合は年収証明書類の提出が求められます。
 
2.カードローンの申し込み手続きをする:カードローンの申し込みは公式サイトや店頭、電話などでできます。公式サイトからなら24時間365日申し込みを受け付けているところが多いです。
 
3.カードローン会社が審査を行う:申し込みが済んだら、申し込み内容をもとにカードローン会社がお金を貸してもいいかどうか審査をします。審査基準はカードローン会社によって異なりますが、年収や信用情報などをチェックしています。
 
信用情報とは、クレジットカードやローンの利用状況、返済の滞納履歴など個人の信用取引に関するデータです。信用情報は信用情報機関に登録されており、カードローン会社は信用情報機関に照会して確認しています。
 
4.審査結果通知とカード発行:審査に通過するとカードが発行されます。郵送やローン契約機で受け渡しされます。
 
5.カードを受け取り、お金を借りる:カードが手元に届いたら銀行やコンビニATMでお金を借りましょう。カード受取前でも、設定した銀行口座にお金を振り込むサービスを行っている会社もあります。
 

即日融資も可能なおすすめ消費者金融カードローン

ここからは、即日融資も可能なおすすめの消費者金融カードローンについてご紹介します。低金利で手続きが簡単、スピーディーに審査してくれるカードローンを5つ厳選しています。
 
・アコム:初めて利用する際は30日間金利0%のサービスあり
・プロミス:ローンカード不要でのキャッシング利用
・アイフル:最大融資額は800万円!
・SMBCモビット:インターネットで申し込みから契約まで完結
・J.Score:実質金利が他社より低い
 
各カードローンについての魅力や金利、手続きについてまとめたので、ぜひ参考にしてください。
 

アコム

アコムのカードローンの特徴としては、他社にもあるように「24時間申し込み可能」であることや「初めて利用する際は30日間金利0%のサービスを受けることができる」ということが挙げられます。
 
また、公式サイト上で「3秒診断」といったサービスを用意しているので、そこに「年齢」「年収」「他社でのカードローン借入状況」の3項目を入力するだけで、借入可能か判断することができるのも魅力の一つといえるでしょう。
※他社も同様のサービスを展開しております。
 
実質金利は年3.0~18.0%、最大融資額は800万円までとなっています。
 

土日に申し込みを行い、融資してもらうことも可能です。
 

アコムで最短で融資を受けようとするのであればインターネットで申し込みを行う方法が最適です。ただし、銀行口座への振込のため、契約完了時間に気を付けるようにしてください。
 
基本的に銀行口座への振込を即日中に済ませるには、13時までに契約完了手続きを終了させておく必要があります。時間的な余裕も考え、出来るだけ午前中に契約完了手続きを済ませるようにすることがポイントです。

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

プロミス

プロミスも消費者金融系のカードローンに該当します。また、こちらについても即日融資は可能です。実質金利は4.5%~17.8%となっており、最大融資額は500万円となっています。
 
プロミスは「フリーキャッシング」といわれる『ローンカード不要でのキャッシング利用』を可能としているところが最大の特徴です。カードを発行する手間を省いている分、融資までの時間を短くしているところは利用しない手はありません。
 

フリーキャッシングでのカードレスキャッシングの方法はもちろん、無人契約機でも土日の即日融資は可能です。
 
ただし、下記の時間帯に受付を行ったものは振込予約となります。
 

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
毎週日曜 18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

※毎週月曜0:00~7:00は受付を停止します。
※金融機関の営業日によっては、翌営業日の振込となる場合がございます。

即日融資の方法は契約後店舗でのカード発行後の融資、初回に振込融資を依頼する方法の2つだと思いますので、できるだけ早くお金を借りなければいけない人は、来店などの手間も考えて振込融資を依頼する方が良いでしょう。

プロミス

promise

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

アイフル

基本的に消費者金融系のカードローンについて、金利や最大融資額にそこまでの差はありません。アイフルの場合だと、実質年利については年3.0%~18.0%となっており、最大融資額は800万円までとなっています。適用される金利については融資額によって決まります。
 
アイフルのカードローンは前述のとおり即日融資に対応しています。(※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。)
 
申し込み方法としては、「WEB」「電話」「店舗窓口」の3つがあります。その中でも一番早く融資が可能なのは「WEB」を利用することです。24時間365日受付しており、最短1秒で借りられるかがわかる1秒診断という簡易診断もあります。
 
また、カードレスでの借入やスマホアプリでの取引も可能です。
 

アイフルの申し込みサイトは24時間365日稼働しているため、土日などでも申し込みを行い、即日融資を受けることは可能です。ただし、審査が21時までに終わっていることが条件となることに注意しましょう。遅くても19時程度までに完了させておくことをおすすめします。
 
また、申し込み後に即日融資を確実に受けたい場合は、『申し込んだ後に電話で急いでいる旨をつたえること』です。そうすることによって、審査のスピードも速くなりますし、結果的に融資までの時間を早めることにつながります。
 
早めに申し込んでも審査に時間がかかっては元も子もありません。従って、即日融資(しかも最短で)を希望するのであれば、フリーダイヤルに電話する事もセットで考えておくといいかもしれませんね。
 

アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。 ※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。  実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

SMBCモビット

SMBCモビットの最大の特徴は、インターネットで申し込みから契約まで完結できるところです。
 
「WEB完結申し込み」といわれており、「お勤め先確認などの電話連絡なし」「郵送物なし」「カードレス」で利用できます。カードローンの利用を他の人に知られたくないと思っている人におすすめです。
 
ただし、注意が必要なのが、「WEB完結」でのお申し込みは下記の条件を満たしている必要があります。
 

■三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方
■全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

 
ちなみにSMBCモビットの実質金利は3.0%~18.0%で、最大融資額は800万円までとなっています。SMBCモビットの申し込み方法には、「インターネット」「郵便申込み」「電話申込み」「ローン申込機」の4つが用意されています。
 
公式サイトでも紹介されていますが、SMBCモビットでの融資を急いでいる方は下記の方法が最速だと思いますので参考にしてください。
 
①インターネットからお申し込み
②フリーコール:0120-03-5000に電話をする(受付時間9:00~21:00)
③審査後、お電話で審査結果。その場で会員登録
④2つの方法から選択して融資開始

※振込と、モビットカードにてご出金の2つの方法があります。
 
なお、土日の即日融資も可能です。
 
平日の14:50までに手続きを終了していれば当日中に振込融資は可能です。(金融機関によっては、24時間いつでも入金されます。詳しくは、ご利用される金融機関へお問い合わせください。)ポイントは、時間ですので余裕を持った申し込みを心がけましょう。

SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

J.Score(ジェイスコア)

日本初のAIスコアによって貸し出すスタイルとして注目を集めている商品です。WEB完結申込となっていることや、実質金利は年0.8%~15.0%と他社に比べて低いこと。そして最大融資額は1,000万円までと高額であるのも特徴の一つです。
 
(※)貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行い、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。
 

J.Scoreでは、下記の受付時間と振込実施時間を設けております。

 

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~8:00 当日9:00頃
月~金 8:00~22:55 即時
月~金 22:55~24:00 翌日9:00頃
0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~21:40 即時
21:40~24:00 翌日9:00頃
0:00~9:00 当日9:00頃
9:00~16:40 即時
16:40~24:00 翌日9:00頃
祝日 0:00~24:00 翌日9:00頃

(※)翌日が祝日の場合は、祝日の翌日9:00頃に振込が実施されます。
(※)日曜が祝日で月曜が振替休日の場合、日曜(祝日)は日曜扱いで、月曜(振替休日)が祝日扱いとなります。
(※)記載している時間は当社が振込を行うことができる時間です。お客さまの口座への入金時間はご利用の金融機関によって異なり、時間がかかる場合がございますのでご了承ください。
(※)預金口座名義人がお客さまと同一であることが確認できない場合にはお手続きを中断させていただく場合がございます。

 

J.Score(ジェイスコア)の申し込みから融資までの流れは全てインターネット上で完結します。公式サイトでAIスコア診断をしましょう。スコアに応じて融資条件が設定され、高得点になるほど条件が良くなります。
 
AIスコアは1,000点が上限で、ライフスタイルや好み、みずほ銀行やソフトバンク・ワイモバイル、Yahoo! JAPANの取引情報を追加すると上がる仕組みです。
 
参考記事:J.Score(ジェイスコア)詳細ページ
 

即日でお金を借りるなら消費者金融カードローン

お金を借りる方法には次の5つがあります。
 

お金を借りる方法
  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金
  • 友人・知人からお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 即日融資可能なカードローン

 
このうち、すぐにお金が借りられるのが即日融資可能な消費者金融カードローンです。WEBなら24時間365日受付をしているところが多く、土日でも即日融資を受けられます。今すぐにでもお金を借りたい人は、ぜひ消費者金融カードローンを検討してください。
 
なお、最近は簡単に、そして短時間で融資が可能なカードローンが増えてきたこともあり、利用側としてもためらいの気持ちが薄くなってきている傾向にあります。
 
しかし、お金を借りるということは、きちんと返さないといけないということです。借りるときにはきちんと返済計画も考えたうえで利用するようにしましょう。
 
参考:カードローン比較
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット