最終更新日:2019.08.16 公開日:2019.06.26
借入

申し込み前に確認しよう!J.Score(ジェイスコア)でお金を借入する方法を徹底解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら

皆さんは「J.Score」(ジェイスコア)というサービスをご存知ですか?
 
このサービスは、みずほ銀行とソフトバンクが作り上げた、既存の借り入れシステムとは異なり、新しい融資の形となる「日本初のAIによるスコア・レンディング」を採用しています。
 
J.Scoreのサービスの特徴としては、1000点を上限とするAIスコアによって金利や利用限度額が決まるほか、提携機関(みずほ銀行・ソフトバンク・ワイモバイル・ヤフー等)の取引情報を提供することでAIスコアが変動し、金利の引き下げや限度額の引き上げが行われたり、様々な企業のリワード(特典)が付帯されるプログラムがあるなど、AIを活用した日本初のサービスになります。
 
今回は実際にJ.Scoreで借り入れを行う際に、申し込みから借り入れまでどのような一連の流れになっていて、どのような点に気をつければ良いかを徹底解説していきます。
 

・どのような申し込み方法や借り入れ方法ががあるのか
・どんな書類が必要か
・実際にどうやって借りるのか
・J.Scoreを借りる上でのメリット・デメリットはあるのか

 
このような疑問や質問を持たれている人や、J.Scoreでの借り入れを検討されている人でしたら是非参考にしていただけたらと思います。

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断

J.Scoreの申し込み方法とは

まずはじめに解説していく内容は、J.Scoreに申し込む際の方法についてです。どんな申し込み方法があるかだけでなく、必要な書類、申し込みにかかる時間や注意点に至るまで、幅広い内容について触れていますので、是非参考にしてみてください!
 

どんな申し込み方法があるのか?

他の金融機関の借り入れとは異なり、J.Scoreでの申し込み方法は、「AIスコア診断」実施後にスコアレンディングの申し込みとなります。その後すぐ「仮審査」を行い結果はメールでの連絡となります。仮審査を確認後問題がなければ、スマホ又はパソコンからネット上で本人確認書類と収入証明書類をアップロードを行い、あとは「本審査結果」を待つだけとなります。
 
契約と同時に借り入れを行うことができます。
 

必要書類は必要?

まずはじめは「本人確認書類」となります。
 
借り入れを行う場合、運転免許の用意をお願いします。運転免許証を持たれていない場合は、有効期限内・現在有効な健康保険証(氏名・生年月日・現住所の3項目が記載されているものに限る)、マイナンバーカード(表面のみ。ただし通知カードは取り扱いなし)、パスポート、在留カード、特別永住者証明書を用意してください。
 
ちなみに学生の方は、前述記載の書類に加えて学生証の提出も必要となります。続いては年収を確認するために「収入証明書類」の提出が必要になります。ご希望される借り入れ金額が一定金額(50万円を超える金額)の場合、収入証明書類の提出が必須とされています。
 
ただし、法令で定める以外の場合でも収入証明書類の提出が必要となる場合があります。
 
主な収入証明書類として該当するのは、源泉徴収票、住民税決定通知書・納税通知書、所得証明書となります。これらを用意できない場合は、直近2ヶ月の給与明細を用意しましょう。
 

申し込みにかかる所用時間は?

申し込みは原則24時間いつでも申し込むことができます。通常銀行カードローンなどでは融資時間までに1〜2日要しますが、J.Scoreであれば最短で即日融資が可能となります。
 

申し込みの際の注意点は?

先述しましたように、最短で即日融資が可能とお伝えしましたが、受付をおこなう時間帯によっては、振込実施時間までに多少のブランクがある場合があります。
 

○受付時間・振込実施時間:月曜日から金曜日までの場合…
・0:00〜8:10までの間であれば当日の8:10頃
・8:10〜14:45までの間であれば即日
・14:45〜24:00までの間は翌営業日の8:10

 

○受付時間・振込実施時間:土日祝日・年末年始の場合…
0:00〜24:00の間については翌営業日の8:10頃

平日における受付時間が一部複雑となっているため、当日中の振込を希望される場合は、契約完了や振込のタイミングを間違われないようにしてください。
 

J.Scoreの借り入れ方法には何がある?

続いて紹介するのは、J.Scoreの借り入れ時の方法についてです。先ほどの申し込みの次に行われる行程が借り入れとなりますので、このなかでも借り入れを行う上でのメリットやデメリット、注意点について解説していきます。
 

J.Scoreを借りるためには?

J.Scoreを好条件で借りるためには、「AIスコア」が大切になります。AIスコアが高ければ貸付利率や契約極度額の金額等の条件は良くなります。ちなみにJ.Scoreでは、「貸付利率0.8〜12.0%」、「契約極度額10〜1000万円」、「担保・保証人は不要」となります。
 

J.Scoreで借り入れを行うメリットとは?

「他社と比較して低金利」

金利は0.8%から12.0%と幅広い数値に設定されていますが、この金利水準は競合他社の金利と比較したときに優位と言えます。
 
一般的な消費者金融が上限を18.0%、銀行系カードローンは年15.0%程度なので、上限金利が12.0%と設定されているJ.Scoreは魅力的と言えます。
 

「余計な手間を全て省く」

その他のカードローンと比較した際に、J.Scoreの申し込みから返済までの過程のなかで、店舗への来店や、自動契約機、ATMといった行程が簡略化されています。
 
全てがネット上で完結するため、とても便利と言えます。
 

「一目瞭然なAIによるスコア制度」

J.ScoreではAIスコアによって金利や利用限度額が決定します。そのため申し込み前の段階で、記入事項を入力すると、自身のスコアが採点されます。
 
それによって金利や限度額については知ることが出来るので「〇〇円しか借りられない」や「金利が高すぎる」などといった、従来型の金融機関の借り入れとは違い、一目瞭然でチェックすることができます。
 

借り入れを行う上での注意点とは?

最も注意点として挙げられるのが、借入方法や返済方法が少ない点にあります。従来の金融機関の流れであれば、銀行やコンビニ等の提携ATMが使えたり、カードを使うことでいつでも借り入れが行えるなど、利便性がとても高いことがメリットとしてありました。
 
しかし、J.Scoreの場合ですと、借り入れは14時45分までに依頼を済ませなければならないなどの時間的制約があります。そのため休養を要する場合は少し不便かもしれません。
 

J.Scoreでの返済方法

続いては返済方法についての解説になります。借り入れを行う際に最も重要となる行程は、この返済時の方法になります。一部これまでのサービスと異なる点についても記載してありますので、返済日や返済方法で困ることがないよう、しっかりと覚えておきましょう。
 

J.Scoreでの返済方法は何種類?

jscoreには3つの返済方法があります。
 

「銀行振込」

J.Scoreの返済専用口座の振込で返済することが可能です。
・毎月の返済日の指定可能
(ただし振込については振込手数料がかかりますので注意が必要です。)
・平日夜間、土日祝日などに手続きした場合、翌営業日が返済受付日となります。
 

「口座振替(自動引き落とし)」

ご自身が指定した口座から、毎月26日に自動的に引き落としが行われます。ただし、取引金融機関によっては口座から引き落とし時間が異なる場合があるので、前日までに口座内に入金をしておくことをおすすめします。
・引き落とし手数料は無料
 

「Pay-easy(ペイジー)」

Pay-easy(ペイジー)とは、公共利用や税金等の各種支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなくパソコンやスマホから支払うことができるサービスになります。Pay-easy対応の銀行口座を持っている人であれば、インターネットバンキングを活用して返済することができます。
 

・土日祝日含め24時間利用可能
・手数料無料

 

返済時における注意点とは?

毎月返済日を指定することが可能です。返済に対する案内としては、ご返済日が近くなったらメールでお知らせが届きますが、繰上げ返済が可能となります。繰上げ返済の場合、返済日の14日前から返済が可能となります。

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断

J.Scoreでの最低返済っていくらなの?

ここでは実際にいくつかの借入れ残高を具体的に挙げて、果たして毎月の返済額がどのくらいになるのかについて解説していきます。
 

「50万円借り入れ」を行った場合のシュミレーション

 
条件としては、
・貸付利率 10.0%
・契約極度額 30万円超100万円以下(返済回数60回以下)
・ご利用金額 50万円
・毎月の返済金額11000円
・返済回数58回
 
最初の返済日は元金6,480円・利息4,520円となります。
2019年4月15日から返済をスタートした場合、完済するのは2024年1月15日となります。
 

「150万円借り入れ」を行なった場合のシュミレーション

 
条件としては、
・貸付利率 10.0%
・契約極度額 100万円超(返済回数120回以内)
・ご利用金額 150万円
・毎月の返済金額21000円
・返済回数110回
 
最初の返済日は元金7,439円・利息13,561円となります。2019年4月15日から返済をスタートした場合、完済するのは2028年5月15日となります。

J.Scoreでの借入れがおすすめの人とは?

最後にお伝えする内容は、J.Scoreの借り入れに向いている人についてです。これは他の金融機関の借り入れとは異なりJ.Scoreならではの理由となりますので、こちらに該当する場合は是非J.Scoreでの借り入れをおすすめします。
 

「低金利で金を借り入れたい人」

「J.Scoreで借り入れを行うメリット」の際にも先述しましたが、低金利で借り入れを行いたい人には最適のサービスと言えます。一部の銀行カードローンを除くと「年0.8〜12.0%」という金利水準はトップクラスです。

 

「みずほ銀行やソフトバンクなどのユーザーの人」

J.Scoreのスコアアップを狙う方法の一つに、「情報連携(LINK)」という項目があります。この項目には、みずほ銀行・ソフトバンク・Yahoo!JAPANと連携することにより、一定の条件を満たすことで金利を更に下げることができます。各項目ごと0.1%ずつ下げることができるので、これらのサービスを使われるユーザーの方であれば、さらにお得に借り入れを行うことができます。

 

まとめ

J.Scoreは新たな借り入れの形を提供しているサービスです。
 
今回J.Scoreの概要から、申し込み方法から借り入れ、返済における方法までお伝えしてきましたが、J.Scoreというサービスが便利かつ画期的であるということは理解していただけたかと思います。J.Scoreはサービス面だけでなく、金利の低さや条件の高さなど、これまでのカードローンとは異なり、かなり優遇された内容となっています。
 
是非興味関心が湧いた人は、まず試しに「AIスコア」だけでも調べてみて、自身の条件を調べてみてはいかがでしょうか。

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断
商品比較


▲PAGETOP