最終更新日: 2020.06.03 公開日: 2020.04.30
借入

プロミスで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

初めてプロミスと契約した時には、思うような利用枠をもらえなかったという方もいるのではないでしょうか?
 
「急な出費でお金が必要になった」、「給料日までつながりそうにない」時には、プロミスに増額の依頼をしてみるのもよいでしょう。
 
お金が足りないと嘆くよりも、行動することで悩みが解決できるかもしれません。プロミスの増額・増枠の申し込み方法についてのあれこれ、皆が疑問に思うであろうポイントについて詳しく解説します。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスで増額・増枠を申し込む方法

プロミスに増額・増枠を申し込むには、ネット、電話、来店の3つの手段から選んで実行します。ご自身の都合に合わせて申し込むのが一番良いですが、この中で特に便利なのがネットでの申し込みです。
 
その理由は、これから解説する、それぞれの申し込み方法を比較すると良く理解できるかと思います。
 

①ネットで申し込む

パソコンやスマホを使い、プロミスの公式ホームページの会員サービス、公式アプリから増額の手続きができます。
24時間受け付けていますから、いつでもどこでも増額の申し込みができるので大変便利です。
 
申し込みの手順

1.会員サービスにログインする

ログインするには、ローンカード記載のカード番号や暗証番号、Web-IDとパスワードのいずれかの入力が必要です。
 

2.ご利用限度額の増額申し込み

サイト内のメニューから、ご利用限度額の増額申し込みを選択し、希望する金額と現在の年収、他社のからの借入金額の入力をします。
 
希望金額によっては、収入証明書類が必要になる場合があります。その後、プロミスから確認の電話→審査→審査結果の電話連絡という具合に進み、審査に通過すると増額決定です。
 

②電話で申し込み

プロミスコール0120-24-0365に電話をすると、オペレーターとつながりますから、そこで増額の依頼をしましょう。
 

③来店での申し込み

全国18の店頭窓口(お客様サービスプラザ)と、各地に点在する自動契約コーナーでも、増額・増枠の申し込みが可能です。
 
店頭窓口(お客様サービスプラザ)ではスタッフと直接話ができますが、店舗数が少ない、営業時間が限られているのが欠点です。自動契約コーナーの場合、機械の画面の指示に従って増額の手続きを進めて行きます。
 

増額・増枠可能時間はいつまで?

増額・増枠ができる時間は、それぞれの申し込み方法によって異なります。
 
①ネットで申し込みの場合
24時間受け付けていますが、深夜など申し込んだ時間帯によっては対応が遅くなる場合があります。
 
②電話申し込みの場合
プロミスコールは土日祝日関係なく、毎日9:00~22:00の間で申し込みを受け付けています。
 
③来店で申し込みの場合
④店頭窓口(お客様サービスプラザ)は平日のみ営業しており、10:00~18:00と時間が限られています。
 
自動契約コーナーは、9:00~22:00と土日祝日も営業していますが、混雑具合によっては当日中に申し込みできない場合があります。自動契約コーナーに先客がいれば、終わるまで待たなければいけませんから、時間に余裕を持っていきましょう。
 

プロミスで増額・増枠申請する際に必要な準備

何も問題が無ければ、特に必要な書類はないのですが、場合によっては収入証明書類の提出を求められることがあります。
 
①借入金額が50万円以上になる場合
②増額希望金額と他社からの借入金額を合わせると100万円以上になる場合

 
収入証明書類の提出を求められたら、以下のものをいずれか1点用意しましょう。
 
1.源泉徴収票(最新のもの)
2.確定申告書(最新のもの)
3.給料明細書(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)
3の場合、賞与が無い時には、直近2か月分の給料明細書のみで構いません。

 
ルールで定められていますから、用意できない場合、増額の申し込みはできません。
 

即日で増額などできるの?

申し込み方法ごとに、増額・増枠可能時間についてご紹介しましたが、営業時間内であっても、すぐに増額審査となる訳ではありません。
 
プロミスで増額の審査を行っている時間は、平日の9:00~18:00とされているため、この時間外では増額は不可能です。
 
どの申し込み方法であっても、この時間内に増額の申し込みを行ったとしても、混み具合によっては、翌日以降になる場合があります。
 
審査にかかる時間は最短で30分となっていますが、それ以上かかることもありますから、時間には余裕が必要です。確実に即日融資を受けたいのでしたら、営業時間よりも早い時間帯に申し込み、終了間際に申し込まないのがポイントとなるでしょう。
 

土日でも増額できる?

上記で解説したように、増額の審査は平日の9:00~18:00しか行っていませんから、土日祝日の増額はできません。
 
それでも、申し込みの受付は行っていますから、翌営業日以降に順次手続きが進められることになります。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスで増額・増枠審査に落ちてしまうのはこんな人

増額・増枠をしてもらうには、所定の審査に通過する必要がありますが、中には審査に落ちる人もいます。
 
プロミスの審査基準については公開されていないものの、審査に落ちてしまう人には共通の理由があると考えられています。
 
どんな人が増額・増枠審査に落ちるのか見てみましょう。
 

①信用情報機関に金融事故の情報が記載されている人

カードローンやクレジットカードの利用状況、返済状況は信用情報機関に記録され、加盟している金融会社間で共有されています。
 
その中でも、3か月以上の長期延滞、債務整理、自己破産をしたことがあると、金融事故扱いとなり、いわゆるブラックな状態です。
 
この記録は、自己破産をした場合を除き、完済してから5年間は記録が残ってしまうので、審査に及ぼす影響は計り知れません。金融事故の記録があると、「お金にルーズ」、「増額しても返してもらえないかも」と判断されます。
 
この記録が残っていて、それでも増額をしてもらいたい時には、記録が消えるのを待つしか増額・増枠するための方法がない、と考えておいた方がよいでしょう。
 
そして、今後のためにも、プロミスのカードローンは返済が遅れないように、計画的に利用しましょう。
 

②契約してからの期間が短い人

新規で申し込んでから、まだ日が浅い方も審査落ちになる対象となります。
 
もしも、信用情報機関にマイナスな評価が無かったとしても、プロミスとの信頼関係はまだまだ築けているとは言い切れないのです。
 
最低でも1年間の利用実績を作る必要があり、それには毎月の返済に遅れないということが大前提になります。
 
「うっかり返済を忘れていた!」ということがないように、計画的な利用と返済で信頼関係を築いていきましょう。
 
信頼関係を築き良い関係になれば、プロミスの方から増額の招待が届くこともあります。
 

③他社から借入が多い、借入希望金額が年収1/3を超えている人

他社からの借入が多く、俗にいう自転車操業を行っている人や、今回の増額依頼で総量規制に抵触する人も、審査に通る可能性は低いでしょう。総量規制では、年収が1/3を超える金額の貸し出しが禁じられています。
 
ちなみに総量規制の対象になるのは、消費者金融カードローン、クレジットカードのキャッシングです。
 
例えば、年収300万円の場合、借り入れできる金額は100万円までになります。プロミスのカードローンは最大500万円が限度額なので、100万円以上の増額はできません。
 
また、プロミスに50万円、A社に30万円借り入れがある場合、借り入れがトータルで80万円になります。
 
ここから増額できるのは最大20万円ということになり、もし30万円増額したくても、審査によって否決されるということになります。
 

増額・増枠審査での在籍確認はあるの?

プロミスと契約した時には、職場への在籍確認が行われています。

増額・増枠となれば再契約という形になるのですが、その際でも場合によっては在籍確認をされるケースがあります。
 
一度在籍確認は行われてはいるものの、その間に転職して勤務先が変わったという場合もあるでしょう。勤務先が変わったということは、収入が契約当初と異なる場合が大いにあります。
 
収入の変化は、返済能力の変化に直結しますから、この場合、在籍確認が行われる可能性があります。
 
かと言って、在籍確認をされたくないからと申告しないのは大問題です。いずれ判明することですので、必ず事前に正確な情報を伝えておくようにましょう。
 

増額・増枠審査を受けた際のデメリットは存在する?

増額・増枠の審査を受けるのは、メリットばかりではなく、場合によっては増額どころか減額になることもあります。その辺りも十分考慮して審査に挑む必要があり、もしもの場合のこともシミュレーションしておきましょう。
 

①信用情報機関に照会される

増額・増枠の申し込み時も、新規申し込み時と同じように、信用情報機関に照会をかけられます。そこで問題があれば審査落ち、さらには限度額が減額される可能性があることを、念頭に置いておきましょう。
 

②限度額が減額される可能性

審査では、他社からの借り入れについても信用情報機関に照会するため、返済が遅れていたり、借り入れ金額が増えていると注意が必要です。
 
また、収入が少なくなっているのも、審査によって限度額が引き下げになる可能性があります。
 
このように、少しでも不安がある状態で増額・増枠の審査を受けると、今後の利用について影響が残る可能性があります。
 
限度額が減額されると、困るという方も多いでしょうから、リスクがあるのならば増額・増枠は慎重に検討した方が良いでしょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

Q&A

増額した直後にさらに増額はできますか?

増額=再契約であり、再び信頼関係を構築する必要があります。
 
短期間に増額を依頼すると、場合によっては利用限度額の減額、他のローンが組めないリスクが発生する可能性があるため、おすすめできません。
 
また、すでに総量規制の限度額に達していれば、増額・増枠は難しいと考えておいてください。
 

増額案内があったが断ってしまった・・増額は二度とできない?

良好な関係を構築していれば、プロミスから増額の案内が来ることがありますが、不要なら断っても問題ありません。しかし、その後事態が急変して、やっぱりお金を借りなきゃいけない時はどうしたらいいのか。
 
もしも、過去に増額の案内を断って経緯があったとしても、増額は可能です。
 
案内は不定期に来ますし、こちらから審査を申し込んでも受け付けてもらうことは可能です。
 
また、増額の案内を受けたとしても、審査は必ず行われますから、案内が増額を保証するものではないという点を頭に入れておきましょう。
 

増額以外でのおすすめ方法はありますか?

これ以上増額が無理だけど、それでもお金を借りたいという方は銀行カードローンを検討してみてもよいでしょう。
 
銀行カードローンは、消費者金融カードローンと異なり総量規制が適用されないため、新たに契約できる可能性はありますが、現在は各銀行も自主規制により審査が厳しくなっています。
 
また、契約できたとしても、返済する金額は増えますので、増額の利用は計画的に行う必要があります。
 

まとめ

プロミスの増額・増枠する方法は3つ用意されていますが、手軽さという面ではネットが気軽に手続きできるのでおすすめです。
 
増額・増枠してもらうには、審査を通過する必要があり、落ちてしまうとその道は半年間は閉ざされたと考えておくようにしましょう。
 
増額・増枠に大切なのは、それまでの返済を確実に行い信頼関係を構築しておくこと、他社からの借り入れを増やさないことです。無事審査に通ったとしても、初心忘るべからず、引き続き良い信頼関係をキープするよう計画的な取引を継続していきましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説!
こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
利息を節約する為のポイント!プロミスの金利について徹底解説!
プロミスは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説
プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?
プロミスの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説
プロミスの会員サービスで出来る事・出来ないこと
プロミスに申し込む前に読んでおきたい即日融資のポイント
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 



▲PAGETOP