最終更新日: 2020.06.03 公開日: 2020.04.30
審査

カードローンの審査基準を知って審査落ちしないポイント解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

カードローン各社は共通した審査確認項目を設けていますが、各社それぞれによって基準は異なります。もちろん、消費者金融カードローン会社と銀行カードローン会社によっても異なってきます。
 
これからカードローンを利用するにあたり、各社がどのような項目をチェックするのか、そして診断基準はどのようなものなのかを解説していきます。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

各社の審査基準

それでは、代表的なカードローン会社の審査基準について、以下に表でまとめてみましたのでご紹介します。

  

  

  

  

  

  

カードローン会社借入限度額消費者金融/銀行
アコム1~800万円消費者金融
アイフル1~800万円消費者金融
SMBCモビット1~800万円消費者金融
プロミス1~500万円消費者金融間
楽天銀行最大800万円銀行
j.score最大1,000万円消費者金融

 
カードローン会社において、独自の審査基準を持っていることについては上述のとおりですが、各社ともに審査基準を公表していません。
 
したがって、もし審査に落ちた場合であっても、なぜ審査に落ちたのかという理由は教えてもらえません。また、借入限度額については、消費者金融カードローン会社と銀行カードローン会社で異なります。なぜなら、消費者金融カードローン会社においては、貸金業法の規定により、「年収の3分の1以上の融資はできない」と決められています。
 
したがって、消費者金融カードローン会社にて融資を受けるには、自分の年収の3分の1が最大融資額だと思ってください。一方、銀行カードローン会社であれば、銀行法の適用を受けるため、上述の総量規制の対象にはなりません。
 
しかし、2018年以降、各銀行カードローン会社においても「自主規制」という形で、融資額を年収の3分の1までに抑えるようになっています。この自主規制の背景にはバブル崩壊後、カードローンによる多重債務を苦にした自殺や自己破産件数が増加した実態が存在します。
 

審査落ちしないために見ておきたいポイント

審査落ちしないための条件は、いくつか存在します。その主なポイントについて、以下に詳しく解説します。
 

申し込み条件

上述の審査基準で比較した各社の申し込み条件については、以下のとおりです。

  

  

  

  

  

  

カードローン会社申し込み条件
アコム・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入と返済能力を有する方
アイフル・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・定期的な収入と返済能力を有する方
SMBCモビット・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方
プロミス・契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方
楽天銀行・契約時の年齢が満20歳以上62歳以下の方
(ただし、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下)
・日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
・お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
・楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方
j.score・契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住する方
・安定かつ継続した収入の見込める方

 
上の表でもわかる通り、消費者金融カードローン会社であっても、銀行カードローン会社であっても、年齢基準があることと合わせて、「安定した収入がある」ことが条件となっています。さらに銀行カードローン会社であれば、必ず保証会社の審査を受ける必要があります。
 

自分の属性

各社の審査においては、その人個人の情報や勤務先の情報についてスコアリング(点数化)しているところが大半です。では、チェックされる属性とはどのようなものなのか、以下に詳しく説明します。
 
1.個人情報:「氏名」・「年齢」・「性別」・「生年月日」・「電話番号」・「固定電話の有無」・「メールアドレス」
2.勤務先情報:「勤務先名」・「勤務先住所」・「勤務先電話番号」・「従業員数」・「勤続年数」・「雇用形態」・「年収」
3.住居及び家族形態:「自宅住所」・「持ち家なのか賃貸か」・「子どもの有無」・「現在利用しているローンの返済額」
4.その他:「保険証の種類」・「他社借入の残高と件数」・「希望する利用限度額」

 
点数化においては、一般的に「年齢が若い方が点数が高くなる」ことや「勤め先の企業が大企業であれば高点数になる」などの目安があります。このような属性を総合的に判断し、点数が高い人の方が審査には有利になるようになっています。
 

在籍確認ができるかどうか

カードローンの審査において、在籍確認はほとんどの会社で必須になっています。最近ではSMBCモビットなど、「条件を満たす場合にのみ、電話での在籍確認は不要」となっていますが、基本的には在籍確認が取れることがカードローンの審査に通るための絶対条件です。
 
在籍確認は、審査の最後に電話で行われます。カードローン会社がお勤め先の企業に電話で連絡を入れ、申し込み時に申告された通りにきちんとその会社に在籍しているかを確認するのです。
 
したがって、在籍確認がスムーズに行えるように、事前に会社の就業時間をカードローン会社に伝えておくなどの準備をしておくことが、ポイントとなります。
 

Q&A

消費者金融と銀行では審査に違いはある?

銀行カードローンの場合、2018年より、銀行が融資を実行する際には、警察庁の反社会的勢力のデータベースへ照会を行い、融資を実行しようとしている人が反社会的勢力に該当しないかどうか調べることが義務化されたため、審査に時間がかかります。
 
その点が消費者金融カードローン会社と大きく違う点です。消費者金融カードローン会社ではほとんどの会社が「審査最短30分」を謳っていますが、銀行カードローン会社であれば、審査結果が出るまでに数日かかる場合もあります。また、審査の内容も消費者金融カードローン会社よりも銀行カードローン会社の方が厳しく設定されているようです。
 
こういった状況も踏まえ、銀行カードローン会社ではどうしても審査時間が長くなるということを理解しておく必要があるといえるでしょう。もう一つの違いとして挙げられるのが、消費者金融カードローン会社は貸金業法の規定に基づき「総量規制の対象となる」ということです。
 
そのために借入限度額が年収の3分の1以下に制限されます。銀行カードローン会社は銀行法が適用されるため、総量規制の対象とはなりませんが、やはり最近の多重債務者による自己破産や自殺の増加などの問題で、ほとんどの銀行カードローン会社において、融資額の自主規制を行っているのが実状です。
 

審査が甘いカードローンはありますか?

結論から申し上げますと、審査が甘いカードローンは存在しません。比較的審査が通りやすいといわれる消費者金融カードローン会社でも、審査の通過率は以下のとおりです。
 
(2019年11月時点のデータ)

アイフル43.6%
アコム44.3%
プロミス46.6%

※各社公式サイトデータより抜粋のうえ筆者作成。
 
ご覧の通り、消費者金融カードローン大手3社の審査通過率を見ても、半分以上の方が審査に落ちていることが分かります。貸金業法が改正された今では、審査が甘いカードローンは存在しないと認識しておくことが大切です。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

不安な人は各社の診断コンテンツを試してみよう

カードローンの申し込みに対して、カードローン各社は公式サイト上に診断コンテンツを用意しています。申し込みに対して不安があるのであれば、まずそれを利用してみましょう。
 

1.アコムの「3秒診断」

アコムの「3秒診断」では、「年齢、年収(総支給額)、カードローン他社お借入状況」の3つを入力するだけで、「融資可能と思われます。」もしくは、「お客様の入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」のどちらかが表示されます。
 

2.プロミスの「3秒診断」

プロミスもアコムと同様に公式サイト上で「3秒診断」のコンテンツを用意しています。「生年月日、年収、借入合計金額」を入力すると、「ご融資可能と思われます。」もしくは「大変申し訳ありませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断ができません。」といった回答が表示されます。
 

3.アイフルの「1秒診断」

アイフルでは「1秒診断」が設けられています。「年齢、雇用形態、年収、他社からの借り入れ金額」を入力すると、「ご融資可能と思われます。」もしくは「ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。」という結果が表示されます。
 

4.SMBCモビットの「お借入診断」

SMBCモビットの公式サイトには「10秒簡易診断」とは別に、「お借入診断」といコンテンツがあります。「生年月日、年収、他社からの借り入れ額」を入力することで、「ご融資可能と思われます。」もしくは「申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした。」というメッセージが表示されます。ここで融資可能といわれた場合は、次に10秒簡易診断に進み、申し込み手続きを進めてみてください。
 

5.J.scoreの「AIスコア診断」

J.scoreには「AIスコア診断」というコンテンツがありますので、用意されているいろんな質問に答えていくことで融資条件が提示されます。公式サイトの画面は以下のようになっています。
 
このように、各社様々な申し込み前の簡易診断を設けていますので、申し込み前には是非活用してみることをおすすめします。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

まとめ

カードローンの審査で重要視されるポイントは、大きくまとめると
 
1.安定して収入を得ているか
2.信用情報に問題がないか
3.返済を行うだけの余裕があるか

 
の3点です。上で述べた属性も大事ですが、信用情報に傷がある場合はかなりの確率で審査に落ちるといわれています。もし、ご自身の信用情報に不安があるのであれば、信用情報機関へ開示請求を行ってみましょう。
 
若干の手数料はかかりますが、何もなければ安心しますし、もしなにかしらの事故情報があるのであれば、それを解消するための行動を起こすことが必要です。今回紹介したポイントを参考に、一つ一つ確認しながら申し込みの判断をおこなうようにしてください。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
SMBCモビットは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
こんな人は通らない!?J.Score(ジェイスコア)の審査基準のポイント解説
こんな人は通らない!?楽天銀行スーパーローンの審査基準のポイントまとめ
こんな人は通らない!?アイフルの審査基準のポイントをまとめてみた
アイフルで即日融資を受ける為の注意点とポイントを解説
収入証明書不要でカードローンって作れるの!?
SMBCモビットはコンビニで返済可能?注意点について
アイフルの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
カードローンの金利はこう決まる!仕組みや利息について解説
 



▲PAGETOP