最終更新日: 2020.06.03 公開日: 2019.06.26
即日

プロミスは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

お金が直ぐに必要な人にとって、気になるのが「即日融資」。業界大手の『プロミス』の即日融資はどのようになっているのでしょう。
 
本記事ではプロミスの即日融資サービスの概要、融資方法、直ぐに融資を受けるためのポイント等を紹介していきます。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスで即日融資は可能?

まずプロミスで即日融資は可能であるかについて。これはもちろん“可能”です。
 
プロミスは会員全員に即日融資のサービスを提供しています。初回の審査に合格すれば、誰でも即日融資が受けられます。
 
しかもプロミスは「最短30分」で審査が完了します。早ければ30分~1時間程度で即日融資を受けることが可能。土・日・祝日も融資を受けられます。直ぐにお金が必要な方にも親切な消費者金融会社です。
 

即日融資できる消費者金融会社は他にもある?

即日融資を行っている消費者金融会社は、プロミスの他にも沢山あります。大手ライバル他社との比較を以下に記載します。
 

 
大手で融資が特に早いのはプロミス、アコム、アイフルの3社。
 
いずれも審査完了まで最短30分、融資まで最短1時間であり、スピーディに借入が行えます。楽天銀行スーパーローンは早くとも翌日融資のため、大手の中では少々遅めですね
 
また、プロミスで即日融資を受ける為のポイントは「申込み時間」です。プロミスの審査時間は9:00-21:00です。当日中に通過するためには回答をその日に受ける必要がでてきます。なので、最低でも20時までには申し込みを完了する事がポイントである事が分かります。
 

プロミスの融資方法にはどんなタイプがある?

プロミスの場合、以下計4種類の融資方法を用意しています。
 

 
プロミスでは以上4種類の融資方法があります(詳細は後述)。審査に合格したプロミス会員であれば、この4種類の中からどれでも好きなものを選び使い分ける事が可能。
 
ただしATM融資を利用する場合のみ、キャッシング用のATMカードが必要となります。ATMカードは審査時に発行されますが、「WEB申込」で審査をした場合のみATMカードが発行されないため、別途発行する必要があります。(発行料は無料)。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスにおける「融資方法」の仕組み・融資までの流れ

上でも記載しました通りプロミスには以下計4種類の融資方法があります。
 
・インターネット融資
・プロミスコール融資
・店頭融資
・ATM融資
それぞれの詳細な仕組みを以降で解説していきます
 

「インターネット融資」の仕組みや流れ

「インターネット融資」は、パソコンやスマートフォンを利用し、プロミスのWEBサイト経由で融資を受ける方法です。仕組みについては次の通り。
 

【インターネット融資の流れ】
①プロミス公式WEBサイト(https://cyber.promise.co.jp/)にアクセス。
②初回利用の場合は、審査を行う(公式サイト上の「WEB申込」を利用すれば、そのままネットで審査可能)。
③公式サイトトップページから「インターネット会員サービス」にログイン。
④「振込キャッシング」のご予約ページに進む。
⑤希望の融資額を入力し、振込依頼を「実行」する。
⑥入力した融資額が指定口座に振り込まれる。

 

【タイプ】
指定口座に“振込”で融資する「振込キャッシング」タイプ。

 

【必要なもの】
・インターネット接続環境
・通信機器(パソコンやスマートフォンなど ※ガラケーは非対応)
・ご自身のログインID
※なお初回利用で審査を同時に行う場合は、本人確認書類&収入証明書類が別途必要。詳細は公式サイトをご参考下さい。

 

【融資までの時間】
最短10秒~(初回利用の場合、プラス審査時間に30分~1時間)

 

【手数料】
無料

 

【利用可能時間】
基本的には24時間利用できます。

以下の金融機関は24時間利用可能です。
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・みずほ銀行
※その他の金融機関については、以下プロミス公式サイトの「金融機関別振込実施時間検索」からご確認下さい。
https://cyber.promise.co.jp/contents/html/BKsearch.html

 

【システムメンテナンスについて】
毎週月曜日の0:00~7:00は、システムメンテナンスのためインターネット融資の受付ができなくなります。またこの他にも、土日月の一部の時間帯やGWや年末などの一部の期間はシステムメンテナンスのため利用できないことがあります。
※システムメンテナンスの詳細については、以下プロミス公式サイトの「お借入方法」のページをご確認下さい。
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD63Control/APD63004

 

メリット
・パソコンやスマートフォンがあれば、いつでも好きな時間好きな場所から融資依頼が行える。
・審査も融資も基本的には24時間対応している。

 

デメリット
インターネット環境が必須となる。ネット環境が無い場所だと利用できない。

 
インターネット融資はネット環境さえあれば気軽に利用できます。インターネット上で簡単な入力をするだけで完了しますので、面倒な手間もかかりません。ネット環境がある方にはおすすめの融資方法です。
 

「プロミスコール融資」の仕組みや流れ

「プロミスコール融資」は、プロミスコールに電話をし、電話先のオペレーターと対話をしながら融資を受ける方法です。仕組みについては次の通り。
 

【プロミスコール融資の流れ】
①プロミスコール(0120-24-0365)に電話をする。
②初回利用の場合は、審査を行う(電話オペレーターに審査の旨を伝えれば、そのまま電話で審査可能)。
③電話オペレーターに融資・借入を希望する旨を伝える。
④電話オペレーターに、希望の融資額や振込先などを伝える(オペレーターに聞かれたことを回答しておけばOK)。
⑤電話オペレーターが指定口座に振込を行う。

 

【タイプ】
指定口座に“振込”で融資する「振込キャッシング」タイプ。

 

【必要なもの】
・電話機(固定電話、携帯電話とわず)
※なお初回利用で審査を同時に行う場合は、本人確認書類&収入証明書類が別途必要。詳細は以下公式サイトをご参考下さい。
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61002

 

【融資までの時間】
最短10秒~(初回利用の場合、プラス審査時間に30分~1時間)

 

【手数料】
無料

 

【プロミスコール営業時間】
24時間対応。ただし毎週月曜日の0:00~7:00、その他元旦など特定の日は、電話窓口が営業停止となります。
※なお初回利用時の「審査窓口」の営業時間は9:00~22:00となりますので注意。

 

メリット
・電話オペレーターと対話しながら、安心して融資依頼ができる。

 

デメリット
・電話&通信環境が必要となる。
・審査を同時に行う場合は、9:00~22:00に電話する必要がある。

 
プロミスコール融資は、電話オペレーターの指示に従い、聞かれたことを回答するだけです。あとはオペレーターが確実に処理を行ってくれますので、インターネット融資などが不安な方の場合はこちらの方が安心安全でおすすめです。
 

「店頭融資」の仕組みや流れ

「店頭融資」は、お近くのプロミス店頭(お客様サービスプラザ)に出向き、店頭スタッフと対話をしながら融資を受ける方法です。仕組みについては次の通り
 

【店頭融資の流れ】
①お近くのプロミス店頭(お客様サービスプラザ)に出向く。
②初回利用の場合は、審査を行う(店頭スタッフに審査の旨を伝えれば、そのまま店頭で審査可能)。
③店頭スタッフに融資・借入を希望する旨を伝える。
③店頭スタッフに、希望の融資額や振込先などを伝える(店頭スタッフに聞かれたことを回答しておけばOK)。
④店頭スタッフが指定口座に振込を行う。

 

【タイプ】
指定口座に“振込”で融資する「振込キャッシング」タイプ、お客様サービスプラザ内のATMから直に受け取れる「出金」タイプのいずれかを選べます。

 

【必要なもの】
・ATMから出金する場合は、カードを持参する
※なお初回利用で審査を同時に行う場合は、本人確認書類&収入証明書類が別途必要。詳細は以下公式サイトをご参考下さい。
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61002

 

【融資までの時間】
最短10秒~(初回利用の場合、プラス審査時間に30分~1時間)

 

【手数料】
無料

 

【店頭(お客様サービスプラザ)営業時間】
平日は10:00~18:00。土日祝日はサービスプラザの窓口は休み。

 

メリット
・店頭スタッフと対話しながら、安心して融資依頼ができる。
・合せて融資プランや返済プランの相談も対面でできる。

 

デメリット
・近くにサービスプラザがないと、店頭に出向くのに手間がかかる。
・審査・融資問わず、平日10:00~18:00の間しか利用できない。

 
店頭融資の場合も、店頭スタッフと対面で話しながら融資の依頼ができますので、ミスのない安全な方法です。併せて融資プランや返済プランの相談も気軽にできるのも嬉しいところ。ただしわざわざ店頭まで出向く必要がありますので、お近くにサービスプラザがない場合は使い勝手が悪いです。
 

「ATM融資」の仕組みや流れ

「ATM融資」は、お近くのプロミスATMもしくは提携ATMに出向き、タッチパネル操作で融資を受ける方法です。仕組みについては次の通り。
 

【ATM融資の流れ】
①お近くのプロミスATM、もしくは提携ATMに出向く。
②初回利用の場合は、審査を行う(プロミスATMの隣に設置してある「自動契約機」で、そのまま審査可能、また審査時にATMカードが発行される)。
③ATMカードをATMに挿入する。
④画面の指示に従い、タッチパネル操作で希望の融資額を入力。
⑤指定した額が、ATMからそのまま出金される。

 

【タイプ】
ATMから直に受け取れる「出金」タイプ

 

【必要なもの】
・ATMカード(初回審査時はその場で発行されるので不要)
※なお初回利用で審査を同時に行う場合は、本人確認書類&収入証明書類が別途必要。詳細は以下公式サイトをご参考下さい。
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61002

 

【融資までの時間】
0分。入力後、直ぐにATMから出金 (初回利用の場合、プラス審査時間に30分~1時間)

 

【手数料】
プロミスATM・・・無料
提携ATM・・・数百円程度(金融機関により異なる)

 

【利用可能時間】
プロミスATM・・・7:00~24:00(土日祝日問わず)
提携ATM・・・金融機関により異なる(ご利用の金融機関のATM営業時間をご確認下さい)

 

メリット
・その場で直ぐに出金でき、現金化できる。
・銀行のATM感覚で利用できるので、簡単スムーズ。

 

デメリット
・営業時間が7:00~24:00と限りがある。
・提携ATMの場合、手数料が発生する。

 
ATM融資は、“振込キャッシングではなく出金”ですので、すぐさま現金が手に入ります。直ぐに手元にお金が必要な方にとっては一番手っ取り早い方法。ただし銀行のATM同様に、営業時間に限りがある、手数料が発生する、など少々使い勝手が悪い部分もあり。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの即日融資が人気なワケは?

プロミスの即日融資は評判も良く、根強い人気を保っています。なぜプロミスの即日融資がウケているのか。その理由についていくつか紹介していきます。
 

①お金が手元にくるまでがスピーディ

プロミスの場合、融資依頼をしてからものの10秒足らずで、口座に振込が行われます。しかも審査も最短30分。
 
はじめての利用の方でも、早ければ1時間も掛からず融資のお金を手にすることができます。このスピーディさは業界内でもトップクラスであり、プロミスならではの魅力です。
 

②土日関係なく24時間利用可能

プロミスの「インターネット融資」を使えば、一部メンテナンスの時間はあるものの、基本的には土日祝日関係なく24時間いつでも即日融資を受けられます。休み中や夜間に急遽お金が必要になっても対応可能。このサービス体制の良さもプロミスの人気を支えているのでしょう。
 

③初回は30日間無利息

プロミスを初めて利用する場合は、「30日間無利息サービス」の特典が利用できます。即日融資でお金を借り30日以内に返済すれば、全く余計な利息を払わずに済みます。「たまたまお金がない!でも月末になれば返せる!」といった方にはこれとない嬉しいサービス。こういった初心者に魅力的な特典を用意しているのも、プロミスの人気に関係しているのかもしれません。
 

④プロミスは職場への電話がなし

消費者金融を利用すると、審査時に職場に在籍確認の電話がいくのが通例です。しかしプロミスの「WEB申込」であれば、この電話連絡がありません。会社や職場に知られることなく融資が受けられます。職場にバレずに手軽に利用できる点も、プロミスならではの魅力となります。
 

プロミスの素早く即日融資を受けるためのポイント

最後に直ぐにでもお金が必要な方のために、プロミスで素早く即日融資を受けるためのポイントやコツを解説していきます。
 

①最も早いのは「WEB申込」

プロミスではいくつかの審査方法がありますのが、最も早い審査方法は「WEB申込」です。
 
WEB申込は、

・インターネットから24時間365日いつでも申込可能
・必要事項を入力すればWEB上で審査のすべてが完結、書類郵送やオペレーターとの会話もなし
・職場への電話連絡等もなし
・最短30分で審査完了

 
と手続きをかなりに簡略化した審査方法です。家のパソコンやスマートフォンから今すぐにでも審査できますので、急ぎの方はWEB申込を使うのがスピーディです。
 

②必要書類を用意しておこう

「WEB申込」でも、審査時には本人確認書類&収入証明書類のアップロードが必要となります。書類が足りないとWEB申込であっても審査が思うように進まず、長引く原因となります。直ぐに審査を通過したい場合は、必要書類をしっかりと確認し用意しておくことがポイント。
 
なおプロミスの審査時に必要な書類については、以下公式サイトをご参考下さい。
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD61Control/APD61002
 

③できれば提携先の銀行を指定しよう

WEB申込後、振込キャッシング先として指定する口座としては、以下の提携先の銀行口座がおすすめです。

・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・みずほ銀行

 
これらの銀行の口座であれば、24時間振込に対応しており、最短10秒で振込が確定します。またこの他にも早く振り込まれる銀行もあります。
 
早くお金を受け取りたい方は、以下公式ページにて「受付時間」、「振込実施時間」を確認し、ご自身の所有している口座の中から“最も早く振り込まれる口座”を振込先に指定することをおすすめします。https://cyber.promise.co.jp/contents/html/BKsearch.html

まとめ

以上、プロミスの即日融資についてとなります。
 
即日融資はプロミス以外の消費者金融会社でも行っていますが、プロミスは業界内でもその早さに定評があります。金利もそこまで高くなく、「初回30日間無利息」、「職場への電話連絡なし」など嬉しいサービスも充実していますので、ぜひ即日融資を利用する上で選択肢の一つとしてみてはいかがでしょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
利息を節約する為のポイント!プロミスの金利について徹底解説!
プロミスでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?
プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説
プロミスに申し込む前に読んでおきたい即日融資のポイント
アコムのATMと提携ATMでは操作方法が違う?ATMに関する疑問を徹底解説
アコムで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由
アコムで即日融資を受けるために知っておきたいタイムリミット
アコムの審査時間ってどのくらい?効率よく融資を受ける方法
 



▲PAGETOP