最終更新日: 2020.06.03 公開日: 2020.04.20
即日

プロミスに申し込む前に読んでおきたい即日融資のポイント

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの完全子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが運営するカードローンです。即日融資が可能で、初めて利用する方に対する特別サービスや、アプリを利用した申し込みサービスも提供されており、とても使いやすいカードローンとなっています。
 
今回はそのプロミスのカードレスでの即日融資について解説します。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの基本情報をおさらい

まず、プロミスが提供するカードローンの基本情報について以下にご紹介します。

1.申し込み資格

プロミスのカードローンの申し込み資格は、「満20歳~69歳で、本人に安定した収入がある方」となっています。したがって安定した収入があれば、パート・アルバイトの方も申し込み可能です。

2.利用限度額

借入可能額は最低1万円から、1万円単位で最高500万円までとなっています。

3.借入利率(実質年利)

4.5~17.8%

4.借入れ方法

借入れの方法としては、「プロミスATM」、「提携ATM」の他、「瞬フリ」、「振込キャッシング(瞬フリ以外)」、「プロミスコール」、「店舗窓口」が用意されています。
 
振込キャッシングについては、振込先口座を再度登録していなくても利用可能です。店舗窓口を利用する際は営業時間(平日10時~18時)に注意してください。

5.返済方法

プロミスの返済方法については、「インターネット」、「口座振替」、「プロミスATM」、「提携ATM」、「銀行振込」、「店頭窓口」の他、「コンビニエンスストアのメディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)」が用意されています。

6.返済期限日

返済日については、毎月5日、15日、25日、末日から選択することができます。
 
ただし、返済方法で「口座振替」を選択し、その口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関の場合は、返済日は5日になります。また、返済期間及び返済回数は、最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回となっています。

7.担保

プロミスのカードローンにおいて、担保及び保証人は不要です。

8.保証会社

保証会社は、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」となっています。
 

プロミスの強み
プロミスはスマホアプリを利用することで、カードレスで借入れや返済が行えるようなっています。ローンカードが手元にあることで、カードローンを利用していることが知られるといった不安から解消されることは魅力の一つです。
 
また、カードを発行しない分、契約から融資までのスピードを速めることにも繋がりますので、一石二鳥とも言えます。

 

プロミスの弱み
やはり、消費者金融カード会社であることから、銀行カードローンを利用するよりも金利が高くなってしまうことは否めません。また「総量規制」により、年収の3分の1以上を借りることは出来ないことも頭に入れておきましょう。

プロミスで即日借入れする方法

プロミスの申し込み方法には、「インターネット申し込み」、「自動契約機」、「電話」、「店頭窓口」、「郵送」が用意されています。この中で即日融資を受けようと思うのであれば、「インターネット申し込み」もしくは「自動契約機」がおすすめです。
 
1.インターネットで申し込む
プロミスには申し込みから融資実行までの全てをインターネットで完結する「Web完結」が用意されています。このWeb完結を利用して契約から融資までをインターネットで行うことで、即日借入れが可能となります。Web完結の流れは、以下のようになっています。
 


(プロミス公式サイトより抜粋)
 
2.自動契約機で申し込む
近くにプロミスの自動契約機があるのであれば、そちらを利用しましょう。自動契約機の営業時間は9時~22時で、土日祝日も受け付けています。自動契約機を利用した申し込みの流れは以下のとおりとなります。
 

(プロミス公式サイトより抜粋)

瞬フリとは?

瞬フリとは、インターネットバンキングのシステムを利用して、24時間振込を可能にするシステムのことです。借入の際、従来の銀行の仕組みだと、平日15時以降の振り込みは翌営業日扱いになることから、どうしても余裕をもって14時くらいには申し込みを完了しておく必要があります。
 
しかし瞬フリだと、提携した銀行であればボタン一つで即日融資を受けることが可能です。瞬フリは、会員サービスにログインすることで手続き可能です。利用手続き方法について、以下に纏めていますので参考にしてください。
 
1.会員サービスにログインする。
Web-IDとパスワード、またはカード番号とカード暗証番号を入力する。
 
2.振込先口座を登録(変更)する。
「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から、希望の振込先口座を登録もしくは変更する。
 
3.振込キャッシングを申込む。
「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から、振込キャッシングの申込みを行う。その際に振込金額を入力する。振込キャッシングの申し込みを行うと、最短10秒で振り込みが完了します。
 
公式サイトでは、三井住友銀行やジャパンネット銀行を始めとした全国約200の金融機関にて、24時間365日土日・夜間でも振込みが可能となっています。
 
ただし、毎週月曜日の0時~7時はシステムメンテナンスのため、受付が停止されます。また、以下の時間帯では、すぐに振り込まれず、「振込予約」扱いになりますので、注意してください。

曜日受付時間振込実施時間
毎週土曜日23時30分~24時翌日8時45分~9時30分頃
毎週日曜日0時~4時当日8時45分~9時30分頃
毎週日曜日18時50分~24時翌日8時45分~9時30分頃
毎週月曜日7時~8時当日8時45分~9時30分頃

プロミス公式サイト 瞬フリ(振込キャッシング)を参考に筆者作成)

プロミスで即日借入れするポイント

プロミスで即日借入れを行うポイントは以下の4つです。
1.必要書類を準備しておく。
2.申し込みは時間に余裕をもつ
3.在籍確認を当日中に済ませる
4.希望額を低めに設定する。

土日でも即日融資受けられるの?

申し込み時間や審査時間にもよりますが、インターネット及び自動契約機であれば、土日でも即日融資を受けることは可能です。

プロミスで即日融資を受ける際の注意点

まず、申し込みは午前中に行うことです。申し込みから審査を経て、契約後に融資という流れになりますので、早めに申し込むことに越したことはありません。さらに、必要書類について、事前に何が必要になるか確認し、漏れのないように準備しておきましょう。そうすることで審査における手続きがスムーズに行えます。
 
また、審査においては必ず信用情報の照会が行われます。もし、自分の信用情報に不安がある場合は、事前に信用情報機関に問い合わせるなど、確認しておくことをおすすめします。
 
無事に審査に通過した後は、契約が完了次第、融資を受けることが可能ですが、その際の借入申し込みについても出来るだけ早めに行う必要があります。特に銀行への振込依頼などは、平日の14時までには終わらせておくようにしましょう。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの金利について

プロミスの金利は4.5~17.8%となっており、借入れ条件に応じて適用される利率が異なります。金利水準については、他の消費者金融カードローンと比べてもほぼ変わりはありません。
 
では、プロミスで10万円、50万円、100万円を借入れ、1年間(12回)で支払った場合の金利と利息総額について、一覧で確認してみましょう。

借入額金利(実質年利)利息総額
10万円17.8%9,158円
50万円17.8%4万9,503円
100万円(※)15%8万3,094円

(※)限度額100万円以上になると利息制限法により上限金利15%が適用されます
プロミス公式サイト(返済シミュレーション)を参考に筆者作成)

プロミスの審査基準

プロミスのカードローン審査の基準となるのは、職業・年収・勤務形態・勤務期間などの「属性」と他社借入件数や他社借入金額・金融事故の有無などの「信用情報」です。まず、「属性」についてですが、プロミスは以下の情報を点数化(スコアリング)して評価します。
 
・年収
・勤務先
・雇用形態
・勤続年数
・居住形態・年数
・家族構成・年齢
・固定電話の有無
・健康保険の種類

 
例えば、年収が多いほど点数は高く評価されますので、属性のスコアリングも高くなり審査に通りやすくなります。
 
もう一つの審査基準である「信用情報」ですが、これは信用情報機関への照会によって行われます。そこでは、「他社借り入れ件数および借り入れ総額」そして「事故情報の有無」を確認します。
 
したがって、過去5年以内に長期延滞や債務整理をしたことがある場合は、審査に通ることは難しいと捉えておいてください。

必要書類について

プロミスに申込む際には必ず本人確認書類(身分証明書)の提出が求められます。本人確認書類として提出できるのは以下の3点です。
 
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

 
また、50万円を超える借入を希望する場合や、今回の希望借入額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」の提出を求められます。具体的には以下のようなものが必要になります。
 
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)

 
給与明細書のみ、収入の安定性をみるために2か月分の用意が必要なので注意してください。

審査をスムーズに進めるには事前準備と在籍確認

プロミスの審査時間は最短30分となっていますが、これはあくまで審査がスムーズに行われた場合です。審査をスムーズに行うには、必要書類などをすぐに提出できるように整えておくことや、信用情報に不安がある場合は必ず確認しておくことが大切です。また、審査の最後には必ず「在籍確認」が行われます。
 
ただ、プロミスの場合は電話で相談することで在籍確認を省略することも可能です。もちろんその際は、社員証や社会保険証、組合保険証などの書類提出が必要となりますが、それで確認が行えるのであれば、その分時間短縮にもなりますので、希望するのであれば電話で相談してみましょう。

プロミスの審査に落ちてしまったらどうすればいい?

プロミスに限らず、どのカードローン会社でも言えることですが、審査に落ちたからといってすぐに他の会社に申し込むことだけは避けてください。
 
なぜなら、申し込んで審査に落ちたという情報が既に信用情報機関に登録されているからです。情報が登録されている以上、他社でカードローンを申し込んでも審査に通る可能性は低いと捉えてよいでしょう。出来るのであれば、半年から1年は間を空けてから申し込むようにしてください。

プロミスの申し込み方法について

プロミスの申し込み方法については、以下のとおりとなっています。
 
・Web完結
・プロミスの自動契約機
・電話
・店頭窓口
・郵送

 
おすすめは、インターネットで申し込みから融資まで完結できる「Web完結」での申し込みです。パソコンやスマートフォンからも申し込むことが出来るので、非常に便利です。また、最近ではスマホアプリを使った申し込み方法もありますので、さらに便利に申し込みから融資までの手続きを行うことができます。

Web完結のメリットと注意点

Web完結の流れは以下のとおりとなっています。
 


(プロミス公式サイトより抜粋)
 
Web完結だと、郵送物なしで利用できるというメリットがあります。また、ローンカード発行を省略できるというところも嬉しい魅力といえるでしょう。注意点としては、入力方法の選択です。Web完結での申し込みには「フル入力」と「カンタン入力」の2つが用意されており、フル入力だと電話連絡はなしとなっています。
 
しかし、在籍確認なしの相談をしたいのであれば、カンタン入力にて電話連絡がある方法を選択する方が賢明です。プロミスからの電話連絡を待ち、その際に在籍確認について相談するようにしてください。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法については、「インターネット」、「口座振替」、「プロミスATM」、「提携ATM」、「銀行振込」、「店頭窓口」の他、「コンビニのメディア端末(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート)」が用意されています。なかでもよく使われていると考えられるのが、「インターネット」による返済と「口座振替」を利用する返済方法です。

インターネットからの返済

インターネットバンキングを利用した返済方法で、パソコン・スマートフォン・モバイルから利用可能です。土・日・祝日問わず金融機関の営業時間外でも瞬時に返済処理が完了します。インターネットバンキングを利用する場合は、以下の金融機関にて手続きが必要です。
 
(利用できるインターネットバンキング)
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行

 
インターネットバンキングにて返済を行いたいと思っている方は、事前に手続きを済ませておくようにしましょう。

・口座振替での返済

口座振替は、返済額を口座から自動的に引き落とししてくれるサービスです。自動的に引き落としてくれるので、口座が残高不足になっていない限り、返済が遅れることはありません。ただし、口座振替は金融機関ごとに返済日が異なりますので注意してください。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行左記以外の金融機関
返済期日5日、15日、25日、末日のいずれかから選択可能毎月5日に限定

返済の申し込みは、カードローン契約後にインターネット会員サービスに登録することで行うことができます。

注意したい手数料

提携ATMやコンビニのメディア端末を使う場合は所定の手数料がかかります。その手数料額は以下のとおりです。
 
・取引金額が1万円以下の場合:110円
・取引金額が1万円超の場合:220円
 
1件だけで見れば微々たる額かもしれませんが、積もり積もれば大きい額になります。手数料については、出来るだけ払わずに済むように別の方法をとるなど、日頃から心がけるようにしましょう。

Q&A

提携ATMの使い方について教えてください。

提携ATMの操作方法は以下のとおりです。
 
1.ローンカードをもって、提携ATMの場所まで行く。
2.ATM端末にローンカードを挿入し、「返済」もしくは「借入」を選択する。
3.金額を入力し、内容を確認する。
4.返済の場合はATM端末に現金を入れる。借入の場合はATM端末から現金を受け取る。
5.手続き完了後、控えを受け取る。

 

フリーターや専業主婦、パート・アルバイトでも借りることはできますか?

申し込みの条件に「安定した収入がある人」となっているので、安定した収入があるのであれば、パート・アルバイトでも借りることは可能です。逆にフリーターや専業主婦の方は、
「安定した収入がある」とはみなされませんので、借入を行うことは難しいと思ってください。
 

プロミスに向いている人の特徴はありますか?

プロミスに向いている人の特徴および理由は以下のとおりです。
 
・三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている人:返済日の選択の幅が広がる。
・初めてプロミスを利用する人:30日間無利息サービスを受けることが出来る。
 

まとめ

プロミスでは、即日融資を受けることが可能な他、初めて利用する方に無利息期間サービスが提供されていたり、会員サービス「瞬フリ」が用意されているなど、とても使いやすいカードローンです。
 
また、女性専用のレディースローンでは、女性スタッフが悩みに寄り添った融資額や返済プランを考えてくれるなどのサービスもあります。自分の目的に合った申し込み方法で便利に活用するようにしましょう。
 
(参考)・プロミス公式サイト

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説!
こんな人は通らない!?プロミスの審査基準ポイント
利息を節約する為のポイント!プロミスの金利について徹底解説!
プロミスは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説
プロミスの「瞬フリ」ってどんなサービス?
【FPが解説】即日融資が可能なカードローン5選
【FPが解説】即日融資を受けるためのポイント
【FPが解説】カードローンの審査に落ちた人の特徴と改善方法
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP