fbpx 

更新日: 2020.10.29 リースバック

インテリックス「あんばい」が選ばれる理由とは。メリットや注意点

執筆者 : 新井智美

インテリックス「あんばい」が選ばれる理由とは。メリットや注意点
新井智美

執筆者:

執筆者:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

新井智美

執筆者:

執筆者:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

株式会社インテリックスが提供しているリースバック商品「あんばい」とは、どんな商品なのでしょうか。
 

【PR】おすすめのリースバック

セゾンのリースバック

セゾンのリースバック

おすすめポイント

  • 安心のクレディセゾングループ!
  • 事務手数料・調査費用・礼金が0円!
  • 最短即日のお見積りも可能、ご契約まで最短2週間。

インテリックス/あんばいについて

不動産のリノベーション事業を主軸に、業績を伸ばしている株式会社インテリックス。1995年に創業後、その後2005年にジャスダック、2007年に東証二部、2016年には東証一部に上場しました。
 
不動産業界の中ではまだ新しい会社ですが、創業から20年ほどで東証一部に上場するなど勢いがある会社です。2020年現在では渋谷・札幌・仙台・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡に拠点を構え、空間設計や住宅販売をおこなっています。
 
そんなインテリックスはリースバック事業もおこなっています。リースバック商品の名前を「あんばい」と名づけ、人気を博しています。
 
インテリックス「あんばい」の商品概要は以下のとおりです。

項目 内容
対応エリア 全国
実績 累計21,000戸以上のリノベーション住宅 施工・販売実績
査定スピード 通常7営業日前後
リースバックの契約種類 定期借家契約
定期借家契約期間 2年間
資金用途 自由
賃料の設定方法 周辺の家賃相場、お客様の支払可能額を考慮して設定
年齢 20歳以上

 
インテリックス「あんばい」の特徴として挙げられる点は、周辺の家賃相場や支払可能額を踏まえて賃料が決定する点です。
 
リースバック業者は不動産の買取額から賃料を設定する場合が多いです。その場合周辺物件より家賃が高く設定されることがほとんどですが、インテリックス「あんばい」の場合は物件の状態や価格から家賃が決まります。
 
月々の家賃額が下がる可能性があるのは、利用者にとって嬉しいポイントです。
 

インテリックス「あんばい」のメリットデメリット

それではインテリックス「あんばい」を利用するメリット・デメリットはどのような点があるのでしょうか。インテリックス「あんばい」の利用を検討している方は、メリット・デメリット両方を把握しておきましょう。
 

メリット

・月々の家賃が比較的安くなる
・東証一部上場企業が運営している
・査定回答まで7営業日前後とスピーディ
 
といった点が挙げられます。
 
最大のメリットは賃料の算出方法が周辺の家賃にあわせる方法のため、家賃が安くなる可能性がある点です。リースバックをすると月々家賃を支払わなければならないので、家賃が安いのは助かります。
 
また東証一部上場企業が運営している安心感、査定回答がスピーディという点もメリットです。月々の支払いを少なくしたいという方にとっては、かなりメリットのある商品です。
 

デメリット

・契約の種類が定期借地契約しか選べない点です。
 
リースバックには「普通賃貸借契約(普通借家契約)」と「定期借家契約」という2種類契約が存在します。定期借地契約の場合、契約期間終了後は物件を引き渡すことになる可能性があります。
 
インテリックス「あんばい」の場合契約期間の2年後に、再契約による賃貸継続か期間満了による退去が選べます。また再契約の回数制限もありません。
 
そのためあまり心配することはないかもしれませんが、契約の種類としては定期借家契約しか選べない点はデメリットです。
 

インテリックス/あんぱいの活用方法

それでは具体的にインテリックス「あんばい」はどのような活用方法ができるのでしょうか。インテリックス「あんばい」の活用方法を紹介していきます。
 

まとまった資金がほしい人におすすめ

インテリックス「あんばい」をはじめ、リースバックを利用するメリットとして、まとまった資金が手に入る点が挙げられます。リースバックは不動産を売却して資金を手に入れ、その後も今の家に住み続けられるという契約です。
 
インテリックス「あんばい」は資金の利用用途が自由なので、さまざまな用途に対応できます。老人ホームへの入居資金などまとまったお金はほしいけど、借り入れはしたくないという方におすすめです。
 

今の家に住み続けなくても利用するメリットがある

インテリックス「あんばい」では契約更新が2年ごとにあり、住み続けるか退去するのかを選べます。そのため今の家に生涯住まなくても、利用するメリットがあります。
 
例えば何年か後に息子夫婦と同居することが決まっている、いずれ老人ホームに入るつもり、そんな人でも使いやすい商品です。
 

インテリックス/あんぱいを利用する前の注意点

最後にインテリックス「あんばい」を利用する前の注意点を解説していきます。インテリックス「あんばい」を利用する前に、注意点もチェックしましょう。
 

リースバック事業はまだまだ後発

インテリックスは東証一部上場企業ですが、リースバック事業は2017年に開始した事業です。そのためリースバック事業としてはまだまだ後発で、対応できないエリアがある可能性があります。
 

再契約時には手数料がかかる

 
インテリックス「あんばい」は2年後に契約更新があり、賃貸継続か退去するかを選べます。再契約時には手数料他諸費用が発生するので、事前にいくらの手数料が発生するのか確認しておきましょう。
 

Q&A

売却して得た資金は何に使える?

インテリックス「あんばい」でリースバックを利用された方は、売却で得た資金を自由に使えます。生活費・ローンの返済・学費・老人ホームの入居費など、様々な用途で使えます。
 

再契約は何回までできる?

インテリックス「あんばい」では、再契約の回数に制限はありません。ただし再契約時には手数料、他諸経費が必要になります。詳細はインテリックスへの問い合わせが必要なので、契約時に確認しましょう。
 

無料査定は可能?

インテリックス「あんばい」を利用するときには、まず電話で要望や自宅の状況を確認します。その後机上査定・現地査定をおこない、買取価格と月々の家賃が提示されます。
 
机上査定・現地査定はともに無料なので、まずは相談からという方でも利用可能です。
 

【PR】おすすめのリースバック

セゾンのリースバック

セゾンのリースバック

おすすめポイント

  • 安心のクレディセゾングループ!
  • 事務手数料・調査費用・礼金が0円!
  • 最短即日のお見積りも可能、ご契約まで最短2週間。

インテリックス「あんばい」を活用しよう

インテリックス「あんばい」は後発サービスではありますが、月々の賃料が安く設定されるなどお客様に寄り添ったサービスです。そのためリースバックの利用を検討している人には、十分検討する価値がある商品です。
 
リースバック商品はさまざまな会社が提供していますので、自分に合った会社を選ぶことが大切です。インテリックス「あんばい」を含め、今後の生活を考えて自分にあったリースバック商品を選びましょう。
 

【参考文献】
https://www.intellex.co.jp/leaseback/
https://www.intellex.co.jp/leaseback/about/
https://www.intellex.co.jp/leaseback/faq/