最終更新日: 2020.09.01 公開日: 2020.04.20
審査

J.Scoreの審査で落ちてしまった・・・その理由と対策

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

J.Scoreの審査はAIスコアの結果を用いて行われます。AIスコアという言葉自体が聞きなれない中で、「いったいどのような審査内容なのか」と不安に思う方も多いと思います。ここではJ.Scoreの審査手順と、落ちてしまった場合の理由や対策について解説します。
 

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

J.Scoreの審査手順

では、J.Scoreの審査はどのように進むのか、申し込みから借入れまでの流れについて説明します。

アカウント作成・AIスコア診断

J.Scoreの申し込み方法は、インターネットのみとなっています。他社に用意されているような、「電話申し込み」や「店舗・自動契約機」などはありませんので、注意してください。
 
申し込む際は、まず公式サイトにてユーザー登録を行い、アカウントを作成する必要があります。アカウントが作成されると、次にAIスコア診断に移ります。
 
そこでは基本18項目の質問が用意されており、その質問にチャット形式で答えていくことで、現時点でのスコアと借入可能金額および金利目安が表示されます。J.Scoreでは公式サイト内にて「AIスコアは1,000点を上限に表示され、600点未満の場合、AIスコア・レンディングをご利用できません。」と明記されています。
 
したがって、この時点でスコアが600点に達していない場合は、申し込みは出来ず、次の仮審査に進むことは出来ません。

仮審査(審査時間:最短30秒)

AIスコア診断が600点以上であれば、仮審査に進むことができます。仮審査に申し込むことを「レンディング申込(審査申込)」とも言います。すべて画面遷移に基づきながら進めていく形になりますので、画面上で審査に必要な個人情報などを入力してください。
 
最初のAIスコア診断では、氏名や生年月日などの個人情報は答える必要がありませんが、仮審査においては必須となります。以下にAIスコア診断で聞かれる内容と仮審査で追加入力する内容を一覧にしていますので、参考にしてください。

AIスコア診断で質問される項目
  • 性別
  • メールアドレス
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 同居家族人数
  • 配偶者の有無
  • 子供の人数
  • 最終学歴
  • 勤務先の会社名
  • 勤務先の電話番号
  • 勤務先の住所
  • 勤務先の規模
  • 業種
  • 職種
  • 入社年月
  • 役職
  • 勤務形態
  • 税込年収
  • 保険種別
  • 他社借入れ件数
  • 他社借入れ金額

 

仮審査にて追加入力する項目
  • 氏名(本名)
  • 生年月日
  • 電話番号(固定・携帯)
  • 住所
  • 運転免許証の有無
  • 勤務先の会社名
  • 勤務先の電話番号
  • 勤務先の住所
  • 給料日
  • 希望限度額(10万円単位)
  • 主な資金使途

 
仮審査時では、上述のとおり、追加の質問についての回答と合わせて、AIスコア診断で回答した結果についても再度入力する必要があります。この時にAIスコア診断で回答した内容と異なっていた場合、内容によってはスコアが下がることに繋がってしまいますので、AIスコア診断で回答した内容と相違がないように、正確に回答するようにしてください。

書類提出

仮審査の結果は登録したメールアドレスに送られてきます。そのメールで仮審査に通過したことを確認できたら、次は書類提出に進みます。必要となる書類は、まず「本人確認書類」です。
 
以下の「【A】より2点」、または「【A】より1点と【B】より1点の計2点」をご提出ください。
 
【A】
1.運転免許証・運転経歴証明書
2.健康保険証
3.パスポート
4.個人番号カード(マイナンバーカード)
5.在留カード
6.特別永住者証明書
 
【B】
1.住民基本台帳カード
2.住民票・住民票記載事項証明書
3.戸籍謄本または抄本
4.印鑑登録証明書
5.所得証明書
6.納税証明書・納税通知
7.公共料金(水道・電気・都市ガス・NTT・NHK)の領収書
 
※いずれも有効期限内または現在有効である書類のみ受付可能です。
※【A】は「氏名」「現住所」「生年月日」の記載があるもの、【B】は「氏名」「現住所」の記載があるご本人名義の書類のみ受付可能です。
※【B】で有効期限の記載がない書類の場合、領収日付の押印又は発行年月日の記載があるもので、かつその日付が6ヶ月以内のものに限ります。
※【A】に記載された住所と、お申込み時に入力された現住所が異なる場合は、【A】より1点と【B】より現住所が記載されている資料2点の計3点をご提出ください。
※公共料金の領収書は、その他の書類で「氏名」「現住所」が確認できている場合に限り、同一世帯(現住所が同じ)のご家族名義でも受付可能です。
※学生の方は、「学生証」に加え、【A】より2点、もしくは【A】より1点と【B】より1点の計3点をご提出ください。
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」に加え、【A】より1点、もしくは【B】より1点の計2点をご提出ください。

本審査・在籍確認

書類提出が終わったら、本審査に移行します。本審査ではAIスコア診断の結果や、申し込み状況、提出書類の内容などが総合的にチェックされます。個人の属性についてはAIスコア診断や申し込み時点である程度把握できているため、本審査では最終確認の意味も含めてチェックを行います。
 
本審査で重視する点は、「返済能力について」です。「他社からの借入れ件数や借入れ総額」、「クレジットカードやローンの返済状況」、「信用事故の有無」、「他社ローンへの申し込み履歴や状況」などを信用情報機関へ照会し、確認を行います。
 
また、本審査の最後には原則として「在籍確認」が行われることになっています。在籍確認は電話で行われますが、その際「J.Score」を名乗ってかかってくるわけでなく、個人名でかかってきます。
 
ただ、最近では個人情報の取り扱いが厳しくなってきていますので、会社の受付の方が「個人情報保護の関係でお答えできません」と回答する可能性もあるでしょう。そのような場合、在籍確認がとれず、結果として審査に通過できない可能性も高くなるため、必要最低限の事前周知を行っておくようにするとよいでしょう。

借入れ(最短即日可能)

在籍確認が取れ、本審査に通過すると、次は契約手続きに入ります。申し込みと同様、契約手続きについてもインターネットで行います。契約手続きの流れについては以下のとおりです。
 
1.会員ページにログインし、「本審査結果確認・契約手続き」をクリック後、契約できる限度額・金利を確認する。
2.「借入限度額」、「振込み先口座」等を登録する。

 
契約手続きが完了すれば、借入れを行うことが可能になります。J.Scoreの借入れは「振込のみ」となっています。平日あれば、22時55分まで、土曜日は21時40分まで、日曜日であれば16時40分までに借入の申込が完了していれば、申し込んだ日のうちに振り込んでもらえます。

J.Scoreで落ちてしまう点数

まず、J.ScoreではAIスコア診断の結果が600点に達していないと申し込むことは出来ません。では、600点以上あったら大丈夫なのかというと、そういうわけでもありません。600点以上のスコアがあった場合でも、審査に落ちる可能性はあります。
 
例えば、信用情報に傷があることが分かった場合などでは、審査に通ることは難しくなります。
 
また、AIスコア診断の結果が600点に達しない理由としては、「年収が低い」ことや「勤続年数が短い」などが挙げられます。そのような場合は、他の質問に回答したり、情報連携を行う事でスコアアップを目指したり、その間に勤務年数や年収などの属性を高める努力をしていきましょう。

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

自分の点数を把握できる「デモスコア体験」

J.Scoreの公式サイトでは、AIスコア診断を受ける前に「デモスコア体験」を行うことができます。デモスコア体験では5つの質問に答えるだけで、仮のAIスコア点数が表示されます。
 


(参考:公式サイトにてデモスコア体験をを行った結果表示のイメージ https://www.jscore.co.jp/score/demo/
 
ここで質問される5つの項目とは、「年齢」、「勤続年数」、「年収」、「雇用形態」、「趣味」です。それぞれの質問で用意されている回答を選んでいくのですが、例えば「趣味」の質問欄における回答については、以下のものが用意されています。この中から自分に当てはまるものを選んでいくというやり方です。
 
質問:あなたの趣味(ひとつ)
用意されている回答:アウトドア球技(野球・テニス・ゴルフなど)、インドア球技(バスケ・バレー・卓球など)、釣り(フィッシング)、武道(剣道・柔道・空手・弓道など)、陸上競技(ジョギングなど)、アウトドア(キャンプ・登山など)、その他スポーツ、スポーツ観戦、映画鑑賞、音楽鑑賞、楽器演奏、旅行・観光、ペット、料理、パチンコ・スロット、競馬・競輪・競艇、ゲーム、趣味なし
 
このデモスコア体験でのAIスコア点数が600点以上あれば、申し込み可能となります。今現在の自分のスコアがどのくらいなのか、また申し込むにあたり、どのような方法で回答していくのかというイメージを掴む意味でも、このデモスコア体験は利用してみる価値はあるといえます。

Q&A

J.Scoreの審査はどのくらい時間がかかりますか?

仮審査は最短30秒となっていますが、本審査は最短で即日となっています。
 

J.Scoreは即日融資可能ですか?

J.Scoreは即日融資可能なカードローンとなっています。ただし、借入れ申込時間に気を付けるようにしましょう。時間によっては、翌日の振込になってしまいます。公式サイト内に、受付時間と振込実施時間が載っていますので、参考にしてください。
 


(公式サイト内(お借入):https://www.jscore.co.jp/lending/use/

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

まとめ

J.Scoreの審査で落ちる理由としては、AIスコアが600点に足りなかった場合はもちろん、「信用情報に傷がある」場合や、「嘘の申告をしていた」などが挙げられます。信用情報に傷がある場合は、それが消えるまで待つことが賢明です。また、申し込み時に嘘の情報を申告してしまうと、その後の審査で必ずその嘘が発覚します。
 
したがって、申し込み時の申告内容には必ず正確な情報を申告するようにしてください。もし、AIスコアが600点に足りなかったとしても、追加の質問に回答することでスコアアップになる可能性があります。時間が許す限り、多くの質問に丁寧に答えていくようにしましょう。
 
他にもYahoo!ショッピングやヤフオク!の購入履歴を作ることで、レンディング条件(金利や極度)に有利になることも公表されていますので、そのような情報を上手に活用して、審査に有利な状況を自分から作っていくことが大切です。
 
(参考)
・J.Score AIスコア・レンディング®公式サイト:https://www.jscore.co.jp/lending/about/

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?J.Scoreの審査基準のポイント解説
J.Scoreは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント
J.scoreでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
J.scoreの金利について徹底解説!利息を節約するためのポイント
J.Scoreの返済方法の特徴と振込手数料について解説
J.Scoreのスコアをアップする方法
【FPが解説】即日融資を受けるためのポイント
J.Scoreの審査落ち原因と審査に落ちないための準備
J.Scoreの繰上げ返済で利息を抑える方法を解説
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP