公開日: 2020.09.15 返済

プロミスのコンビニ返済が便利!提携先やメリット・デメリットも紹介

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

消費者金融機関大手のプロミスは、インターネットや銀行振込返済だけでなく、コンビニでの提携ATMを利用して借入や返済が可能です。
 
本記事ではプロミスカードローンを利用した際の提携先コンビニATMについての情報やメリット・デメリットなどについて紹介します。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

プロミスはコンビニなどの提携先で利用できる

主な提携先と提携ATM

プロミスで借入や返済に利用可能な提携先コンビニATMなどは次のとおりです。
 

提携先コンビニATM

◆セブン銀行
◆ローソン銀行
◆イーネット(コンビニATM)
◆ゆうちょ銀行
◆三井住友銀行
◆三菱UFJ銀行
◆イオン銀行
◆東京スター銀行
◆西日本シティ銀行など

 
セブン銀行ATMでは24時間借入・返済が可能
セブン銀行は、セブンイレブンの店舗にはほぼ設置されており使いやすいでしょう。プロミスの借入と返済を行うことができます。
 
セブン銀行のATMの営業期間は、基本的には24時間年中無休で利用可能です。店舗によって営業時間が違うので公式ホームページで確認するとよいでしょう。ゆうちょ銀行での借入・返済には、プロミスの「Web明細登録」が必要です。
 
Web明細登録について
Web明細とは、パソコン・スマートフォンのインターネット会員サービスにログインして、利用明細書および受取証書などを確認できるサービスです。都合にあわせていつでも取引内容を確認することができます。
 
登録方法
プロミスではじめて契約いただくお客様は、申込手続の際にWeb登録を済ませてください。プロミスで既にご契約中のお客様は、次の通りに入力しましょう。
 

  • 1.会員サービスへログイン
  • 2.書面受取方法登録・変更ボタンをクリック
  • 3.プロミスのホームページにて「書面(Web明細)を確認」を選択する
  • 4.Web明細の登録が完了

 
・カード番号とカード暗証番号、またはWebIDとパスワードが必要
・会員サービスの登録内容変更メニューから、事前にメールアドレスの登録が必要
 
Web明細の確認方法

  • 1.インターネット会員サービスにログイン
  • 2.PDFファイルをダウンロードにて確認

 

提携ATMの操作方法

 
「ローソンATM」
ローソンATMの営業時間は24時間365日いつでも利用可能です。ただし、メンテナンスの時間として毎日午前3時~午前4時の間にシステムメンテナンスがあるためご利用できません。また設置店舗の営業時間以外にも利用できません。
 
借入の場合

  • 1.「取引開始」を選択
  • 2.「お借入れ」を選択
  • 3.「暗証番号」を入力
  • 4.お借入れ金額を入力のうえ「確認」を選択
  • 5.「カードローン」を選択の上、ご利用明細書・カード・紙幣を受け取る

 
返済の場合

  • 1.「取引開始」を選択
  • 2.「ご返済」を選択
  • 3.「カードローン」を選択のうえ、紙幣を投入
  • 4.「確認」を選択のうえ、ご利用明細書・カードお受け取り

コンビニ決済では手数料が無料になるマルチメディア端末を使おう

マルチメディア端末とは?手数料が無料になるコツ

プロミスで借入や返済をする際、コンビニATMを利用すると便利ですが、利用手数料がかかるのが気になるという方が多いでしょう。プロミスでは、返済時のみではありますがマルチメディア端末を利用すると手数料が無料になります。
 
返済が可能なコンビニエンスストア・マルチメディア端末は次のとおりです。返済の手数料が無料になります。借入には使用できません。
 
ファミリーマート Famiポート(ファミポート)返済手数料0円

  • 1.プロミスカードを持参のうえ、ファミポートの画面ガイダンスに従って入力
  • 2.ファミポートより発券される「申込券」を受け取る
  • 3.受け取り後、返済金額を30分以内にレジにて支払い
  • 4.お客様が控えを受け取り、終了

      

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

コンビニ決済のメリット・デメリット

 

プロミスをコンビニ返済で利用するメリットとは
  • プロミスは提携先のATMがとても多く、国内どこでも返済と借入が可能
  • プロミス自体のATMだけでも全国に1,000ヵ所以上ある
  • 銀行ATM、コンビニATM、マルチメディア端末などを利用できる
  • プロミスATMでは、返済時はカード無しでも大丈夫
  • 時間を気にせずに返済できる

      
 

プロミスをコンビニ返済で利用するデメリットとは
  • 提携先によってサービス内容が違う
  • 手数料がかかる
  • 発券からの時間制限がある
  • 千円単位の紙幣取引のみ可能で、千円未満の硬貨(小銭)は使用できない

コンビニATMとプロミスATMの違い 

コンビニATMとプロミスATMの手数料は?

 
プロミスは、提携金融機関ATMとコンビニATMの取引額に応じ、提携ATM利用手数料がかかります。提携ATM利用手数料(税込)については、借入と返済時のどちらも1万円以下は110円、1万円超は220円です。なおプロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料が無料です。

まとめ

プロミスでは、コンビニ決済を含めていろいろな返済方法が用意されています、これだけの方法があれば自分に合った方法を見つけることができるでしょう。返済は毎月しなければならないので、少しでも便利に返済できる方法がおすすめです。
 
今後の借り入れの事を考えると、返済は毎月きちんと忘れずにしなければいけません。それぞれの方法にメリット・デメリットがあるため、それを確認したうえで一番自分に向いている方法で毎月の返済を行っていきましょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

プロミスの返済額を解説!返済額の変更や利息を抑えるコツも紹介
プロミスで一括返済する方法!返済する際の役立つ情報を紹介
プロミスの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説
 



▲PAGETOP