更新日: 2021.07.28 銀行カードローン

バンクイックで端数を入金するには? 端数が出たときの返済方法

バンクイックで端数を入金するには? 端数が出たときの返済方法
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

三菱UFJ銀行のバンクイックでお金を借りると、利息や手数料の関係で返済金額に端数が出てしまいます。人によっては、端数をスッキリさせたいと考える人もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、バンクイックで端数を入金する方法や、返済方法などを詳しく解説します。バンクイックでできる3つの返済方法についても紹介しますので、自分に合った返済方法を見つけてください。
 

公式サイトで申し込み

三菱UFJ銀行のカードローン

image

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能
融資上限額 金利 審査時間
500万円 1.8%~14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要

三菱UFJ銀行「バンクイック」とは

三菱UFJ銀行「バンクイック」は、事業資金を除くさまざまな用途に使えるカードローンです。
 
金利は年1.8%~14.6%、利用限度額は10万円~500万円までとなっており、三菱UFJ銀行の口座をお持ちでない方でも利用可能。
 
全国の三菱UFJ銀行のATMかセブン銀行・ローソン銀行・イーネットATMなら、借り入れも返済も手数料無料なのが魅力です。
 
三菱UFJ銀行は、三井住友銀行やみずほフィナンシャルグループと並ぶメガバンクの1つ。安心できるところでお金を借りたい方にも、「バンクイック」はおすすめです。

 

バンクイックで1000円未満の端数を入金する方法

カードローンでお金を借りるときは、1万円や10万円などキリのよい数字。
 
しかし、カードローンの返済は利息がかかることから、どうしても端数が出てしまいます。バンクイックでは、1000円未満の端数のみ入金することはできるのでしょうか。
 
この見出しでは、バンクイックで1000円未満の端数を入金する2つの方法を詳しく解説します。

 

ATM返済する

ひとつめの方法は、三菱UFJ銀行のATMで返済する方法です。
 
平日8:45~18:00までの間であれば、硬貨の取り扱いが可能なため、1000円未満の端数入金ができます。
 
セブン銀行・ローソン銀行・イーネットATMでは、硬貨の取り扱いがないため、端数の入金はできません。また、三菱UFJ銀行のATMでも、一部の無人ATMでは硬貨の取り扱いはありません。
 
バンクイックの「ATM・店舗のご案内」を見れば、事前に確認できるので、不安な方は調べてから三菱UFJ銀行に行きましょう。

 

振り込み返済する

1000円未満の端数を入金する2つめの方法は、振り込み返済することです。
 
会員ページにログインし、「振込返済先口座照会」で振込先口座を確認後、金額を指定して入金しましょう。
 
会員ページはパソコンでもスマホでもログイン可能です。スマートフォン用会員ページもありますので、ぜひ活用してみてください。

 

バンクイックの返済方法は3つ

バンクイックは、契約者のライフスタイルに合わせて3つの返済方法を提供しています。
 
この見出しでは、自動引き落とし・口座振り込み・ATMの特徴について詳しく解説します。
 
いざというときに返済で困らないためにも、それぞれの返済方法をしっかりとチェックしておくと安心です。

 

自動引き落とし

自動引き落とし(自動支払い)は、三菱UFJ銀行の本人名義の普通預金口座から、返済日に自動で返済できる方法です。
 
毎月自動なので、返済金額をしっかりと入金しておけば、支払い遅延になることはまずありません。
 
デメリットは、三菱UFJ銀行の口座がないと使えない点。スマートフォンアプリを使えば、簡単に口座開設できるので、バンクイックをきっかけに三菱UFJ銀行の口座を作るのもおすすめです。
 
自動引き落としは、返済日当日の19時までに返済額の入金をしておいてください。入金がない場合は自動引き落としができないため、別の方法での返済になります。
 
バンクイックの支払い方法を自動引き落としにしたい方は、「自動支払依頼書」に必要事項記入のうえ、申し込みが必要です。約1週間で登録完了となり、自動引き落としができるようになります。

 

口座振り込み

口座振り込み(三菱UFJダイレクト)は、インターネットバンキングを使って振り込み返済する方法です。振込先は契約者ごとに異なるため、事前の確認が必要になります。三菱UFJダイレクトなら、手数料無料で振り込みが可能です。
 
ただし、振込手続が15時以降になる場合、「翌平日窓口営業日扱い」となるため注意が必要です。また、次回返済額未満の返済は、毎回返済扱いではなく臨時返済扱いになります。
 
臨時返済扱いになると、返済期日までに再度返済が必要になるため、毎回返済を希望する方は、必ず返済額以上の金額を振り込みましょう。

 

ATM

ATMによる返済は、三菱UFJ銀行ATMもしくは、セブン銀行・ローソン銀行・イーネットATMのコンビニATMを使って返済する方法です。
 
利用できる時間帯が0:00~23:50(毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く)と、ほとんど24時間利用可能なのと、ATM利用手数料が無料であることが特徴です。
 
返済時にはバンクイックカードが必要になるため、必ず準備しておいてください。また、実際の利用時間帯はATMにより異なるため、不安な方は事前に調べておくと安心です。

 

バンクイックで計画的に返済する方法

バンクイックを利用するときは、事前にしっかりと返済計画を立てておきましょう。返済計画ができていないと、お金が足りなくなったらまた借りて・返済しての繰り返しになる恐れがあります。
 
毎月の返済額が多すぎても、少なすぎても借金をしていることには変わりありません。
 
そこでこの見出しでは、バンクイックで計画的に返済するための3つの方法を紹介します。計画的に返済ができなくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

一括返済でまとめて返済する

まとまったお金が用意できたら、一括でまとめて返済しましょう。
 
一括返済は、特別な手続きをする必要もなく、通常の返済と同じように振り込むだけで行えます。
 
ただし、利息は日割り計算になるため、一括返済に必要な金額は返済日によって異なります。返済するときに改めて必要金額を確認し、お金が足りなくならないように注意してください。
 
また、一括返済は借入残高・利息・遅延損害金の合計額を超える返済はできませんので、その点も気を付けましょう。

 

お知らせサービスを活用する

お知らせサービス(Eメールサービス)とは、返済日が近づいたら事前にお知らせしてくれる便利なサービスです。返済期日を忘れがちで、よく返済遅延を起こしてしまう方は、ぜひ登録しておいてください。
 
また、お知らせサービスは、利用限度額増額できるときも連絡してくれます。お知らせサービスで届いたからといって、必ず増額できるわけではありませんが、増額を検討する方にとってはチャンスかもしれません。

 

お金に余裕があれば臨時返済を利用する

ATMか振り込みで、毎回の最小返済額以上の金額を返済すれば、臨時返済が可能です。
 
一括返済できるだけの余裕はなくても、毎月の返済額以上の金額を用意できれば、臨時返済を活用しましょう。
 
臨時返済は元金の返済に充てられるため、少額だとしても利息負担が軽減されます。また、毎月の返済額以上の金額を返済し続ければ、総返済額が減って返済期間も短くなるため、返済し続ける生活を改善することにもつながります。
 
臨時返済は一括返済よりも負担が少なくて行いやすいため、まずは少しずつ返済額を増やすことを心がけてみてください。

 

バンクイックでの端数返済は可能!

バンクイックは、三菱UFJ銀行ATMまたは振り込みで返済すれば1000円未満の端数も返済できます。コンビニATMは硬貨の取り扱いがないため、端数も返済したい方は、近くの三菱UFJ銀行を探してください。
 
ただし、三菱UFJ銀行ATMでも、取扱店舗によっては端数返済ができないところもあります。不安な方は、返済前にATMを調べてから行くと安心です。バンクイックでお金を借りるときは、しっかりと返済計画を立てて、借り過ぎには気を付けてください。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

公式サイトで申し込み

三菱UFJ銀行のカードローン

image

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能
融資上限額 金利 審査時間
500万円 1.8%~14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて