更新日: 2023.09.05 借入

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説!

[PR]

執筆者 : 鴨志田 大輔

申し込む前に確認しよう!プロミスでお金を借入する方法や仕組みを徹底解説! [PR]
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

大手消費者金融「プロミス」。長年業界をリードしてきた有名な会社であり「初回30日間まで無利息」など、多彩なサービスが用意されています。
 
本記事ではプロミスが提供するサービス、申込方法、借入方法、返済方法等々、プロミスの一連の仕組みを解説していきます。

公式サイトで申し込み

【PR】プロミス

promise

おすすめポイント

最短3分融資も可能
Webなら24時間お申し込み可能

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短3分審査も可能
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短3分融資も可能
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

はじめに、プロミスを利用する前に知っておきたいこと

まず、プロミスが提供するサービスで事前に知っておきたいことをいくつか列挙致します。
 

―プロミスを利用できる人の条件は?―

プロミスに利用申込ができるのは年齢18歳以上、74歳以下のご本人に安定した収入のある方でプロミスの基準を満たす方です。
安定的な収入があれば、正社員のサラリーマンに限らず、自営業者やフリーランス・学生・主婦・パート/アルバイトなどでも問題なく利用できます。使用用途としては“生活費”に限定されます。(ただし自営業者の場合は、生活費or事業費)。   ※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。 ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。 ※収入が年金のみの方はお申込いただけません。
 

―限度額や利率は?-

限度額は最大500万円まで、利率は4.5%~17.8%(実質年率)となります。
 

―無利息サービスはある?-

プロミスをはじめて利用する方を対象に、初回特典として「30日間まで無利息サービス」を用意しています。これは文字通り借入から30日以内であれば利息が0円で全く掛からない制度。
 
もし仮に30日以内に借入金を全額返済すれば、金利なしでプロミスを利用できてしまいます。
 

―収入証明書類は必要?―

プロミスは安定的な収入がある方を対象としてはいますが、借入金額が50万円以下(かつ他社での借入残高との合計が100万円以下)であれば収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書、給料明細書など)の提出が原則不要で利用できます。
 

 

 

プロミスにはどうやって申込む?申込方法は計3種類

プロミスには、以下計3つの申込方法あります。
 

①WEB完結申込
②電話での申込(プロミスコール)
③店頭(自動契約機)での申込

 
この3つの中から、ご自身に合ったものを自由に選択し申込が可能です。
 

①WEB完結申込

WEBのみで完結するスピーディでお手軽な申込方法です。
お手持ちのパソコン・スマートフォン・携帯電話(ガラケー)で、プロミスのWEBサイト(https://cyber.promise.co.jp/)にアクセスし「新規お申込み」から申込を行います。
 

【WEB完結申込の流れ】
STEP1:プロミスWEBサイトで必要事項を入力

STEP2:審査&審査結果報告(メールor電話)

STEP3:WEB上で契約手続き

(カードを発行する場合は、郵送or店頭で契約手続き&カード受取り)

STEP4:利用開始

 
・24時間365日、WEB上から申込が可能です。
・融資まで最短3分で進めます。
・WEB完結申込では「カードなし」を選択することが可能です。カードなしの場合、郵送や店頭に出向く必要がありません。すべてWEBのみで完結します。
・カードを発行する場合、郵送or店頭(自動契約機)で、契約手続きとカードの受取りを行います。
・後日カードを後から発行することも可能です。手数料は無料です。
・WEB完結申込は、プロミスが指定する銀行の口座を所持している方のみが対象となります。
 

②電話での申込

プロミスコールに電話し、オペレーターと対話しながら申込を行う方法です。
 

【電話での申込の流れ】
STEP1:プロミスコールに電話し、オペレーターの指示のもと必要情報を回答

STEP2:審査&審査結果報告(メールor電話)

STEP3:郵送or店頭で契約手続き&カード受取り

STEP4:利用開始

 
・プロミスコール(0120-24-0365)、もしくは女性専用レディースコール(0120-86-2634)に電話をします。営業時間は9:00~22:00(土日祝日も可能)。
・審査完了まで最短30分~1時間程度です。
  プロミスの電話申し込みについては「プロミスは電話申し込みも可能!電話がかかってきた場合の要件も紹介」でも紹介してます。こちらも参考にしてみてください。  

③店頭(自動契約機)での申込

お近くにある店頭(自動契約機)に出向いて申込を行う方法です。
 

【店頭(自動契約機)での申込の流れ】
STEP1:必要書類を持参し、お近くの自動契約機に出向く

STEP2:店頭で審査&審査結果報告

STEP3:店頭で契約手続き&カード受取り

STEP4:利用開始

 
・店頭の営業時間は、各自動契約機毎に異なります。公式サイトからお近くの自動契約機の営業時間をご確認下さい。
 

【この3つでどの申込方法が一番いいのか?】

素早く申込手続を済ませたい方はやはり「①WEB完結申込」がおすすめです。
 
WEB完結申込はインターネット上の入力のみで済み、店頭に出向く必要もありません(カードを発行しない場合)。融資も最短3分でスピーディ。ネット回線させあれば自宅でも職場でも24時間申込可能ですので便利です。
 
一方で、インターネット利用環境が無い方、インターネットに抵抗がある方などは「②電話での申込」がおすすめです。プロミスは女性でも相談しやすいレディースコールも用意していますので安心です。
 

 

 

プロミスに申込する場合、何の書類が必要?

プロミスに申込する場合、次のような書類の提出が求められます。
 

プロミス申込時の提出書類

 
WEB完結申込・電話申込・店頭(自動契約機)申込、どの申込方法を利用した場合であっても、これらの書類の提出が求められます。なおマイナンバーが記載されている書類を提出する場合、マイナンバー箇所を見えないように加工した上で提出する形となります。
 

プロミスの審査に必要な書類については「プロミスの審査に必要な書類と提出方法を解説」でも紹介してます。こちらの記事も参考にしてみてください。  

 

 

プロミスではどやって借入する?借入方法は計5種類

プロミスには、以下計5つの借入方法あります。
 

①インターネットで借入
②プロミスコールで借入
③プロミスATMで借入
➃提携ATMで借入

 
この中から、ご自身に合ったものを自由に選択し借入が可能です。
 

プロミスの借入方法については「プロミスの借り入れ方法を解説!必要な書類や条件も紹介」でも紹介してます。こちらの記事も参考にしてみてください。  

①インターネットで借入(振込キャッシング)

スマートフォン・パソコン・ケータイでプロミスWEBサイト(https://cyber.promise.co.jp/)にアクセスし「インターネット会員サービス」にログインします。会員サービス内の画面操作で指定口座に借入金を振込キャッシングできます。
 
借入金は最短10秒で振り込まれ、手数料0円で24時間いつでも利用できます(ただしメンテナンス等で一部サービス停止時間あり)。
 

メリット
インターネットに繋げられれば、どこからでも簡単操作で振込できますのでお手軽です。24時間いつでも利用できる点も便利です。

 

デメリット
インターネット接続が前提のため、通信機器や通信環境がないとこのサービス自体が利用できません。また振込キャッシングとなるため、直ぐに手元に現金が欲しい場合は銀行やATMに引き出しにいく必要があり二度手間となってしまいます。

 

②プロミスコールで借入(振込キャッシング)

自宅の電話や携帯電話からプロミスコールに電話します。オペレーターと対話し指定口座に借入金を振込キャッシングできます。こちらも借入金は最短10秒で振り込まれ、手数料0円で24時間いつでも利用できます(ただしメンテナンス等で一部サービス停止時間あり)。
 

メリット
電話ができれば、どこからでも簡単な対話で振込できますのでお手軽です。24時間いつでも利用できる点も便利です。

 

デメリット
電話のできる環境がないとサービス自体が利用できません。またこちらも振込キャッシングとなりますので、直ぐに手元に現金が欲しい場合は2度手間となってしまいます。
 
③プロミスATMで借入

お近くのプロミスATMから借入が行えます。プロミスATMでの借入手数料は無料です。
 

メリット
タッチパネル操作で簡単に借入ができます。手数料が無料なのも魅力です。

 

デメリット
こちらもお近くにプロミスが無い場合、出向くのに手間が掛かります。

 

➃提携ATMで借入

全国の銀行やコンビニエンスストアなどに設置されている提携ATMから借入が行えます。提携ATMで借入を行う際には、提携ATM利用手数料(数百円程度)が発生します。
 

メリット
お近くのコンビニでも提携ATMでの借入ができますので、お手軽に利用できます。

 

デメリット
提携ATM利用手数料が毎回発生してしまいます。ただし会員サービスの「プロミスポイントサービス」に申込むと、一部の提携ATM利用手数料が無料になる事もあります。

 

 

 

プロミスで借入後の返済方法について

プロミスで借入を行った後の返済方法について、仕組みや注意点を解説していきます。
 

【プロミスの返済はどこで行う?】
プロミスでの返済は、以下の場所で行うことができます。
 
・銀行振込で返済
・インターネット返済
・プロミスATMから返済
・提携ATMから返済
・コンビニエンスストアで返済(ローソン・ミニストップ・ファミリーマート)

 

【返済期日について】
プロミスでは、「返済期日」を5日・15日・25日・末日のいずれかから自由に選ぶことができます。毎月、選択した返済期日までに返済を行います。なお返済期日がプロミスの休業日(土・日・祝日・年末年始)と重なる月は、返済期日が翌営業日に繰り越されます。

 

【初月の返済期日について】
初月の返済期日のみ独特のルールがあります。

 

プロミスで借入後の返済方法

 
例えば返済期日を毎月5日に指定、初回借入日が1月20日であれば、初回の返済期日は翌々月3月5日となります。さらにその3月5日が日曜であれば、返済日は翌営業日である3月6日に繰り越さます。
 

 

 

プロミスの最低返済額はいくら?

プロミスでは、借入残高に応じて変動していく「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。借入残高によって最低返済額が変動します。
 

プロミスでの借入残高と最低返済額の例

 
例えば50,000円の借入を行った場合、最低返済額は2,000円なります。この場合2,000円を越える額をプロミスから返済請求されることはありません。100,000円の借入を行った場合、最低返済額は4,000円です。返済を続け借入残高が80,000円以下になれば最低返済額は3,000円に移行されます。
 
残高スライド元利定額返済方式の場合、返済残高が減るほど最低返済額も減っていきますので、返済を続ける毎に月々の支払負担は減っていきます。
 
もちろん最低返済額以上の返済を行うことも可能です。返済額を増やし早期に借入残高を減らした方が、結果的に金利を含めたトータルの返済額を減らすことができます。
 

プロミスの返済方法については「プロミスの返済方法はどれを選ぶべき?返済が難しいときの対処法も解説」でも紹介しています。こちらの記事も参考にしてみてください。  

 

 

プロミスはこんな人がおすすめ!

プロミスは最短3分で融資が完了し、即日融資も可能です。さらに振込キャッシングであれば24時間対応、最短10秒で借入金が振り込まれますので、「すぐにお金を借りたい!」といった人におすすめです。
 
また月々の最低返済額が同業他社より低めに設定されており、100,000円借りても最低返済額は4,000円で済みます。金銭的に余裕のないアルバイトや学生の人でも比較的返済し易い消費者金融会社と言えるでしょう。
 
女性でも相談しやすい「レディースコール」など、サポート面のサービスが充実しているのもプロミスの良いところです。
 
一点注意したいのが、プロミスは職場に対しての電話での「在籍確認」があること。大々的にプロミスを名乗っての在籍確認は行われないようですが、場合によっては職場の人間に消費者金融を利用している事がバレてしまう可能性も無いとは言い切れません。その点は頭に入れておく必要があります。
 

 

 

まとめ

以上の通り、プロミスは多彩なサービスを用意しています。
 
特にプロミスを初めて利用する人、消費者金融を初めて利用の人に対しての特典やサポートが充実していますので、どこの消費者金融にすべきか悩んでみる方はプロミスも選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。
 
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

 
 

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

公式サイトで申し込み

【PR】プロミス

promise

おすすめポイント

最短3分融資も可能
Webなら24時間お申し込み可能

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短3分審査も可能
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短3分融資も可能
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。