最終更新日:2019.12.20 公開日:2019.12.16
借入

アイフルはコンビニで返済可能?その注意点について

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

アイフルで借入を行った際の返済方法については、「振込」を含めた5つの方法が用意されています。
 
今回はこの中でもコンビニエンスストアを使った返済方法について解説していきたいと思います。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

アイフルの返済方法をおさらい

アイフルの返済方法については、「振込」「アイフル店舗ATM」「提携先ATM」「コンビニエンスストア」「口座引き落とし」の5つが用意されています。
 

1.振込

全国の金融機関の窓口・ATMから振込可能で、契約の際に指定されたアイフル店舗の口座に振り込むことで返済する方法です。この際の振込手数料は負担する必要がありますので、注意してください。
 

2.アイフル店舗ATM

全国のアイフルの店舗窓口およびATMにて返済する方法です。
 
営業日や時間についてはは、店舗により異なるため、事前に各店舗・ATM情報から確認するようにしましょう。
 

3.提携先ATM

全国の提携先金融機関ATMを使って返済する方法です。この場合は所定のATM手数料が発生しますので注意してください。利用可能な提携ATMについては公式サイトにて確認することができます。
 
アイフル提携ATM一覧
 

4.コンビニエンスストア

全国の提携コンビニエンスストアにて返済する方法です。コンビニエンスストアを使って返済する場合も所定の手数料が発生することに注意が必要です。
 
また、ローソン(Loppi)およびファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末を利用し、レジにて返済する方法もあります。この場合、利用可能時間は原則7:00~23:30までとなっており、土・日・祝日を問わず返済可能です。
 

5.口座引き落とし

契約時に指定した金融機関より自動引落することで返済する方法です。口座引き落としを利用する際は別途手続きが必要ですが、公式サイトにて簡単に申し込み・手続きを行うことが可能です。
 

アイフルの返済が出来るコンビニ

アイフルの返済が出来るコンビニエンスストアとその利用時間について、以下のとおり纏めましたので参考にしてください。
 

セブンイレブンローソンファミリーマートミニストップ
利用時間平日:3~24時
土曜:3~23時
日曜:7~24時
祝日:3~24時
月曜:7~23時
火~金:24時間
土曜:0~23:50
日曜:7~23:50
24時間7~23時
設置台数約24,000台約13,000台約12,800台約6,000台
カードレス対応可能不可不可不可

 
ここで注意していただきたいのは、まずセブンイレブンでは通常0~3時までメンテナンス時間となっているため利用できないことです。
 
ただし、土曜と祝日は0~2時も営業しているので利用可能です。また、ローソンでは祝日においては曜日通りの利用時間になることに注意が必要です。
 
ミニストップはイーネットATM設置店またはイオン銀行ATM設置店のみが対象となりますので、ここも注意しておく必要があります。また、これ以外にコンビニエンスストア自体のメンテナンス時間においては、基本的に利用不可となりますのでそこも気を付けておきたいところです。
 

ATMの操作方法は簡単

基本的にどのコンビニエンスストアでも操作方法に変わりはありません。ローンカードをATMに入れれば、操作方法のガイダンスが表示されるため、それに従って利用する形になります。特段難しい操作方法でもありませんので、初心者でも問題なく利用できます。
 
操作の流れは以下のとおりになります。
 
1.ローンカードをATMに挿入する。
2.ATMの画面上で「返済」を選択する。
3.現金を入れる。
4.ローンカードと利用明細を受け取る。

 

ローンカードがない場合はコンビニATM使えない?

基本的にコンビニエンスストアで返済を行う場合は、ローンカードを利用する形となります。ただ、唯一、ローンカードを使わずに返済できるのがセブンイレブンです。
 
お持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードすることで、カードレスで返済することができます。その操作方法については以下のとおりです。
 
1.アイフル公式アプリをダウンロードする。
2.IDかカード番号でログインし、取引内容を選択する。
3.ATMで「スマートフォンでの取引」を選択する。
4.QRコードを読み込む。
5.スマートフォンに表示された企業番号をATMに入力する。
6.ATM画面に従って操作し、返済を行う。

 
このようにQRコードの読み取りなどが少し手間に感じられるかもしれませんが、それさえ簡単にできるようになれば問題ありません。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

アイフルの返済をマルチメディア端末でやる方法

コンビニエンスストアでの返済において、マルチメディア端末を用いているのは「ローソン」と「ファミリーマート」のみです。
 

1.LOPPI

ローソンに設置されているマルチメディア端末で、これを使って返済することが可能です。
 
マルチメディア端末で「申込券」を発券し、それをレジに持っていって支払うことで返済を行う形になります。利用時間は原則7:00~23:30までとなっていますが、発券できるのは23:00までですので、もし23:00に発券した場合は必ず23:30までにレジにて支払うようにしましょう。
 

2.Famiポート

ファミリーマートであれば、レジの横に設置されている「Famiポート」というマルチメディア端末で返済を行うことが可能です。
 
このFamiポートについても、利用時間は原則7:00~23:30までとなっています。発券時間もローソンと同じ23:00までなので、発券したらすぐにレジにて支払いを終えるようにすることが大切です。マルチメディア端末における返済の手順については以下のとおりです。
 
LOPPIとFamiポートでは始めの画面遷移に多少の違いはありますが、「カードローン・キャッシングのご返済」もしくは「金融サービス」を選択した後
 
1.「アイフル」を選択する。
2.カードリーダーにローンカードを通す。
3.暗証番号を入力する。
4.返済金額を入力する。
5.申込券を受け取る。
6.レジにて返済金額を支払う。

 

気になる手数料はどのくらい

手数料についてはコンビニエンスストアどこでも同じ、1万円以下であれば110円。1万円超であれば220円となっています。
 

提携ATM利用手数料

お取引金額入金出金
1万円以下110円110円
1万円超220円220円

 

アイフルの返済をコンビニで行う際の注意点

アイフルの返済方法には「約定日制」と「35日サイクル制」の2種類があり、どちらかを選択することになっています。
 
1.約定日制:毎月決められた日までに返済する方法で、10日前から返済することができます。
2.35日サイクル制:初回借入日から35日周期で返済を行っていく方法です。

このサイクル制には、約定日制のような返済期間の制限がないため、35日の間であればいつでも返済することができるというのが特徴です。
 
コンビニエンスストアで返済を行う際は、自分がどの返済方法を選択しているかきちんと確認した上で、その決められた返済期間内で返済を行うようにしましょう。
 

Q&A

アイフルのコンビニ返済では硬貨は使えますか?

コンビニエンスでの返済は基本的には硬貨は使えません。
 
従って、1,000円単位での返済を行うことになります。ただし、マルチメディア端末では硬貨の使用が可能ですので、もし1円単位での返済を行いたいのであれば、マルチメディア端末での返済を選ぶようにしましょう。
 

最低返済額はいくらですか?

マルチメディア端末以外であれば、最低返済額は1,000円からとなります。従って、1,000円未満の返済額については、超過分を後で銀行振込にて返済してもらう手続きが発生します。これも1度だけならいいのですが、毎回となればかなりの手間になりますので、なるべく避けるようにしたいものです。
 
マルチメディア端末であれば、1円単位からの返済が可能ですので、出来るのであればそちらを優先して利用するようにしましょう。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

まとめ

コンビニエンスストアでアイフルの返済を行うのであれば「マルチメディア端末」を利用する方法が一番お薦めです。
 
1円単位から返済が可能ですので、後々超過払い金を振り込んでもらう手続きの手間も省けます。契約時にWEB完結申込を利用し、ローンカードの発行を行っていない人については、セブンイレブンにて公式アプリを使った返済方法が有効といえるでしょう。
 
気を付けなければいけないのはアイフルの返済期間は、契約者の返済方式によって異なることです。従って、自分の選択している返済方法の内容をきちんと確認し、行った返済がどのような扱いになるのかをきちんと理解しておくようにしましょう。
 

関連記事

アイフルで即日融資を受ける為の注意点とポイントを解説
アイフルでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
アイフルの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
申し込み前に確認。アイフルでお金を借入する方法を徹底解説
 



▲PAGETOP