更新日: 2021.02.24 返済

SMBCモビットで一括返済は可能!メリットや手順を解説

SMBCモビットで一括返済は可能!メリットや手順を解説
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

「SMBCモビットで一括返済は可能なのか知りたい」
 
「一括返済をする上で必要な手続きはあるの?」
 
そう疑問に思っている方もいるでしょう。この記事では、SMBCモビットで一括返済が利用する際のメリットや手順などをご紹介します。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

image

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

そもそも一括返済とは?

カードローンで借入をした場合の基本的な返済方法では、固定の返済金額を毎月所定の日に支払うことになります。一括返済の場合、月々の返済の途中で借入残高全てを払うことを指します。
 
借入している日数分の利息をかけずに返済できるため、支払額を節約したい場合は、ぜひ利用を検討したい方法です。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットで一括返済は可能!

一括返済することで利息分を節約できる

SMBCモビットでは、一括返済することで借入している間にかかる利息を抑えることが可能です。利息は「借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数」で算出されるため、借りている期間が長ければ長いほど利息を多く支払うことになります。
 
例えば実質年率15%で50万円の借入を90日利用する場合の利息は以下の通りです。
 

利息計算
  • 50万円×15%÷365日×90日=18,493円

 
一方、同じ条件で1ヶ月後に一括返済する場合の利息は以下の通り。
 

利息計算
  • 50万円×15%÷356日×30日=6,164円

 
これは単純な計算式であり、実際は借入残高の変動によって利息は変わってきますが、日を追うごとにいかに利息がかかっていくかがよく分かります。一括返済して利用日数を縮めることで利息は節約できるので、積極的に利用してきましょう。
 
ちなみに計算式の中の実質年率とは、金利に手数料などが含まれたものを指しますが、SMBCモビットも含め多くのカードローンは手数料が無料なので、金額として金利とほぼ同じ意味と考えて差し支えありません。
 
SMBCモビットの実質年率は3.0~18.0%の間で定められており、借入額によって変動します。
 

まずは借入残高の確認を

一括返済を利用する場合は、返済金額を算出するために借入残高を把握し、返済総額を確認する必要があります。
 
返済総額を知るために公式HPの返済シミュレーションを利用することも可能ですし、SMBCモビットのコールセンターに電話すれば一括返済総額を教えてもらうことも可能です。
  

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットでの一括返済の手順

 

1.返済総額を知っておく 

一括返済をする場合は、まずSMBCモビットのコールセンター(0120-24-7217:営業時間9:00~18:00)で返済総額を確認しましょう。自身で計算するよりも素早く正確に金額を把握できます。
 

2.提携ATM or 銀行振込で返済する

SMBCモビットの返済方法は、通常だと口座振替・銀行振込・提携ATMの3つがありますが、一括返済の場合は銀行振込か提携ATMのどちらかを利用して返済する形になります。銀行振込を利用する場合、手数料は自己負担となります。
 
提携ATMは銀行、駅、コンビニなど全国さまざまな場所に設置されており、時間帯や曜日を問わず手軽に返済できるのがメリットです。
 
三井住友銀行や三菱UFJなどの大手銀行の他、ゆうちょ銀行や地方銀行、信用金庫、セブン銀行、ローソン銀行、Famiポート(ファミリーマート)、イオン銀行など幅広いATMを利用できます。
 

返済にかかる手数料も節約したければ三井住友銀行を活用しよう

カードローンの返済では、手数料をできるだけ抑えて支払いを終えたいものです。一括返済方法である銀行振込か提携ATMを利用した場合、通常の利用手数料は自己負担となります。
 
その手数料を節約して返済にかかる金額を少なくしたいなら、三井住友銀行のATMを利用しましょう。SMBCモビットのカードローンを利用するなら、自宅や駅、職場の近くなど、よく通る場所に三井住友銀行のATMがないかをあらかじめ確認しておくと役立ちます。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットで一括完済した後は解約手続きが必要?

SMBCモビットを一括返済した後は、解約手続きをしない限り自動更新されます。そのことをよく分かっていなくて、知らないうちに自動更新されていたというケースはよくある話です。
 
この見出しでは、一括返済後に解約をしたい場合はどうすればよいのかを、詳しく解説します。

 

完済すればローン契約が終わるわけではない

一括返済すれば、SMBCモビットからお金を借りていない状態になります。そのため、完済した時点で、解約をしたものだと勘違いする方もいるため注意が必要です。そのままにしておくと、自動更新されてしまいます。
 
もし、一括返済後に解約を希望するのであれば、しっかりと手続きを行ってください。
 
解約方法はとてもかんたんです。モビットコールセンターに電話をすれば、詳しく手続き方法を教えてくれますので、特別に難しいことはありません。解約後のローンカードはどうしたらよいのか、契約が終了したことを証明する書類の発行方法など、分からないことがあれば公式ページを確認するのもよいでしょう。

●モビットコールセンター:0120-24-7217
 
●営業時間:9:00~18:00

なお、長期間のお取引がなかった場合は、閉鎖することもあるようです。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビット一括返済は状況をよく考えてから行うこと

SMBCモビットで借りているお金を一括返済すれば、借入利息を減らすことができるためとてもメリットが大きいと言えます。しかし、一括返済は家計の状況をよく考えてから行わないと意味がありません。
 
もし、何も考えずに一括返済をしてしまうと、どのようなリスクが起こりうるのでしょうか。

 

生活のバランスを崩したら意味がない

一括返済をすれば借金がなくなるので、借りているお金は早く返済したいと考える方も多いと思います。しかし、日常生活ではいつどんなときに、まとまったお金が必要になるか分かりません。
 
そのため、ある程度の余裕資金を手元に残しておくことも重要です。
 
もし、近い将来に結婚したり、子どもができたりするかもしれない方や、大きな支出をするようなイベントがある場合は、無理に一括返済をするべきではありません。生活のバランスを崩さない範囲で、余裕のある返済を心がけましょう。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットを解約するメリットとデメリット

SMBCモビットを一括返済した後も、解約をしなければ、いざというときに改めてお金を借りることができます。
 
しかし、一括返済後にお金を借りる予定がないのであれば、早めに解約をするのもよいでしょう。この見出しでは、SMBCモビットを解約することのメリットやデメリットを詳しく解説します。

 

安易にSMBCモビットに頼ることがなくなる

手元にSMBCモビットのローンカードが残っていると、気軽にお金を借りることができてしまうため、ちょっとしたことでもすぐにSMBCモビットに頼りがちに。
 
しかも、SMBCモビットは、コンビニATMでかんたんにお金を借りることができてしまいます。そのため、自分の預金口座を使っているような感覚で使えてしまうのが、メリットでもありデメリットとも言えるでしょう。
 
お金を借りているという感覚が鈍ってしまうと、いつの間にか借入額が大きくなり、返済が苦しくなってしまいます。そうならないためにも、手元にローンカードがあるとお金を借りてしまうかもしれないという方は、一括返済をしたら解約をすると安心です。

 

別のローンを組むときに審査に通りやすくなる

もし、将来的に住宅ローンやマイカーローンなどの、大きなお金を借りる予定がある方は、SMBCモビットを一括返済した後に解約したほうがよいでしょう。
 
住宅ローンやマイカーローンは、審査を受けるときにカードローンの「契約件数」や「契約額」を確認します。そのため、SMBCモビットの契約があることが、審査に不利になる可能性があります。
 
特に住宅ローンは、何千万円というお金を借りる審査をするため、より細心の注意を払う必要があるでしょう。
 
SMBCモビットを解約すれば、信用情報の利用記録は一定期間残りますが、解約したという事実もきちんと反映されます。「少しでも審査に落ちる可能性を減らしておきたい…。」そう考える方は、SMBCモビットの一括返済をしたら解約をしておきましょう。

 

急にお金が必要になっても借りることはできない

SMBCモビットを解約すれば、以降はお金を借りることはできません。
 
解約後に急な出費があったとしても、どうすることもできないのがデメリットとして挙げられます。カードローンを複数社と契約しているのであれば、SMBCモビット1社を解約しても、何とかなるかもしれません。
 
ですが、もしSMBCモビットしか契約していなかったら、お金を借りるためにまた新規で申し込む必要があります。借金はしないに越したことはないですが、一括返済後もまた使うかもしれないと思うのであれば、無理に解約をする必要はないでしょう。

 

もう一度SMBCモビットを利用する場合は審査が必要になる

SMBCモビットを解約した後に、どうしてもお金が必要になった場合は、契約を復活させることはできません。もう一度利用するためには、改めてSMBCモビットの利用申込をしなくてはいけないのがデメリットとして挙げられます。
 
その際に、以前利用したことがあるからといって、審査が甘くなることもありません。そのため、前回と同じように在籍確認の電話がありますし、必要書類も一式そろえる必要があります。
 
このように、一度解約をすると再度利用するのに手間がかかるため、少しでも利用するかもしれないのであれば、解約はしないほうがおすすめです。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

SMBCモビットの一括返済におけるQ&A

一括返済のメリットって何?

一括返済のメリットは、利息を抑えて返済総額を減らせるところにあります。そのため利用できそうな余裕ができたときは、優先して活用することをおすすめします。また、返済期日をよく忘れてしまう方にも、一括返済は大きなメリットになります。
 
返済が遅延すると実質年率が増え利息が上がるため、それを避けるためにも有用な方法です。 
  

どんなときに一括返済を利用すべき?

一括返済を利用すべきタイミングは、ボーナスや臨時収入などが入ったときです。そうした余裕のあるときは、ぜひ利用して利息分の支払いを節約しましょう。
 
もし「一括返済できるほどの余裕はないけれど、少し上乗せして返済ができそう」と思ったときは、繰り上げ返済を利用してみてください。借入日数を短縮し、利息を減らせる手段としてこちらも有効です。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)SMBCモビット お申し込みはこちら

まとめ

SMBCモビットの一括返済に関する利息のポイントやQ&A、手順などをご紹介しました。一括返済を利用すると、利用日数を大幅に短縮して利息を節約できます。そのため、余裕のあるときにはぜひ活用したい手段です。
 
コールセンターに1本電話をかけるだけで、あとは普段の返済方法と変わらないので、気負うことなく利用しましょう。さらに、三井住友銀行のATMを使えば少しでも返済にかかるお金を減らせます。一括返済に関する知識を身につけ、損のないようにカードローンを利用していきましょう。
 
※2021/2/24 内容を一部修正させていただきました。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー


 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

image

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット